不動産営業への転職、未経験採用

転職の求人は多数

不動産営業は、多くの人材が求められている職種であり、さらに転職の求人も多く出ています。

不動産業界そのものが出入りが激しい業界となっており、なかでも営業職は短期間で転職をする人も少なくありません。

その理由としてよく聞かれるのが、いざ不動産営業として働いてみると、ノルマなどに追われたり休みが少なかったりといった大変な一面に耐えられなくなったという内容です。

しかし、仕事が厳しい分、他の職種よりも給料や待遇面が良かったり、若くても速いスピードで昇給が望めたりと魅力的な面もあり、異業種から不動産営業へ転職する人も大勢います。

また、不動産営業のなかでも、賃貸から売買へ、住居用から投資用不動産へといったように、別ジャンルの会社へ転職するケースも見られます。

未経験からでもスタートしやすい

不動産営業は、未経験者が転職しやすい仕事といわれています。

その理由としては、業界全体として人材不足の傾向が強いため、経験者問わず受け入れようとする会社が多いということもありますし、不動産営業の仕事そのものが専門スキルや知識を持っていなくても、入社後の勉強で十分にやっていけるということもあります。

もちろん、前職での経験が生かせるようであればプラスに評価されますが、不動産営業は、経験やスキルよりも熱意のほうが重視されやすい仕事といえるでしょう。

厳しい競争世界の中で生き残っていけるだけの意思の強さがあるかがポイントになります。

高い給料の裏にあるもの

不動産営業の転職者向け求人は、給料などの条件がかなり良い内容で掲載されていることがあるようです。

しかし、未経験者にも関わらず高額な給料で仕事をスタートできるということは、その裏に厳しさが潜んでいる場合があります。

休日出勤や長時間残業が当たり前の職場であったり、考えられないほどのノルマを言い渡されるようなこともあるようです。

また、不動産会社はたくさんあり、とくに小さな会社の場合、雇用保険や社内の労働環境などがきちんと整備されていない場合もあるため、注意したほうがよいでしょう。

不動産営業への転職を検討しているものの、自分に適性があるか分からないという場合は、リクルートエージェントに相談してみましょう。

不動産会社の求人が豊富で、各企業ともつながりが強いため、事前に希望する会社の社風や労働環境を教えてもらうことも可能です。