人材コーディネーターのやりがい・楽しさ・魅力

人材コーディネーターのやりがい・楽しさ

人の役に立ったという実感が味わえる

人材コーディネーターは、人材を求める企業と、就業先を探している求職者の架け橋となる仕事をします。

両者の希望をもとに最適なマッチングを実現するという重大な役割を担いますが、その仕事の進め方は、言葉だけで聞くよりもずっと難しく、苦労することもあるでしょう。

しかし、マッチングを求める企業や求職者は多いため、自分の働きによって多くの人に喜びを与えることができます。

人材コーディネーターは直接的に企業や求職者に貢献できるため、「人の役に立ちたい」という気持ちで働く人にとっては非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

人の人生や成長に関わっていける

人材コーディネーターのやりがいのひとつは、仕事のマッチングを通して求職者の人生を変えていくお手伝いができることです。

求職者との面談は、ただ仕事を紹介するだけではなく、キャリアやライフプランを一緒に考える場合も多いものです。

対話の中で相手の希望やビジョンをヒアリングし、具体的に言葉としてアウトプットしていく過程を通し、人生や働き方について考えが深くなり、よりよい働き方がみつかる人もいます。

人材コーディネーターは、その場だけでなく、長期的な視点で人材の成長や幸せを考えて仕事を提案したりアドバイスを行ったりします。

自分が行ったアドバイスやサポートによって、人材が前向きに仕事に取り組めるようになったときには、大きなやりがいと充実感を得られるでしょう。

感謝の言葉をもらえる

人材コーディネーターは、マッチングを担当した人材が就業したあとも、フォローのやりとりをする機会が豊富です。

マッチングがうまくいっている場合は、人材から感謝の言葉をいただくこともたくさんあります。

自分の仕事に対し、受益者から感謝の言葉をもらえる仕事はそれほど多くないものです。

人材に心から「ありがとう」と言ってもらえることは、人材コーディネーターにとってこの上ないモチベーションとなるでしょう。

人材コーディネーターの仕事内容・社内の役割とミッション

人材コーディネーターの魅力

多くの人との関わりを通して成長できる

人材コーディネーターの仕事では、日々、多くの人との出会いがあります。

求職者は一人ひとり年齢も個性も価値観も違い、また仕事や人生に対する考え方も異なります。

さまざまな人に触れ、多くの対話をする中で人材コーディネーターもたくさんの刺激を受けるでしょう。

こうした刺激によって自分の視野を広げ、自分の成長を実感できることは人材コーディネーターの仕事の大きな魅力です。

どこでも働くことができる

人材派遣や人材紹介のサービスを提供する事業所は全国各地にあり、人材コーディネーターの仕事のニーズも高いため、地域を問わずどこでも働くことができます。

スキルさえしっかりしていれば、年齢や年齢もほとんど問われないため、結婚後も仕事を続ける人も多くいます。

人材コーディネーターとしての仕事そのものは、職場による違いが少ないため、キャリアを形成しやすい点も魅力です。

また、仕事のイメージがわかりやすいため、独立開業時や副業時での自己アピールにも使いやすいです。

人材市場に詳しくなれる

人材コーディネーターは、さまざまな業界・業種の人材市場についての深い知識が要求されます。

もちろん、情報収集や勉強が必要ですが、仕事を通して人材市場に詳しくなることができ、自身のキャリアについてもよく考えられるようになります。

自分や仕事で関わる人はもちろん、仕事を通して身についた知識で家族や友人・知人を助けることもできることは、人材コーディネーターの大きな魅力といえるでしょう。