人材コーディネーターのやりがい、魅力

人の役に立つ実感が味わえる

人材コーディネーターは、人材を求める企業と、就業先を探している求職者の架け橋となる仕事です。

お互いの思いを汲み取って最適なマッチングを実現するのは簡単なことではありませんが、それがうまくいけば双方にメリットが生まれ、どちらも笑顔にすることができます。

「人の役に立ちたい」という気持ちがある人にとって、自分が力になった相手が喜んでくれることほどうれしいことはありません。

人の人生や成長に関わっていける

人材コーディネーターのもうひとつのやりがいは、人の人生を支援する仕事に就き、その人の背中を押すことができる仕事をするということでしょう。

求職者との面談を通して、相手が何を求めているのか、これからどうなっていきたいのかをヒアリングし、最適なマッチングを提案してその人がイキイキと働くためのお手伝いをすることが人材コーディネーターの役割です。

その瞬間のことだけでなく、長期的な視点でその人の成長を見据え、ときに人材のプロフェッショナルとして適切なアドバイスを行うこともあります。

自分のアドバイスやサポートによって相手が前向きに働くことができ、「ありがとう」と笑顔になってくれたときには、ものすごく大きなやりがいと充実感を味わうことができるでしょう。

多くの人と関わって自分も成長できる

人材コーディネーターの仕事では、日々、多くの人との出会いがあります。

求職者は一人ひとり年齢も個性も価値観も違い、また仕事や人生に対する考え方も異なります。

しかし、皆「こういう風になりたい」「何とか頑張って働いていきたい」と前向きな思いを持っているため、そんな人と接していると、人材コーディネーター自身も刺激を受けることはよくあります。

また、さまざまな人の話を聞き、さまざまな価値観に触れることで自分の視野が広がるのも、この仕事の魅力といえるでしょう。