社長の種類

大企業の社長

会社設立から何十年と経っている歴史ある会社や、従業員数の多い大企業の社長の多くは、自分自身でその会社を立ち上げているわけではなく、外部からのヘッドハンティングであったり、社内で昇進をして社長のポストに就く人が大半です。

あるいは、いわゆる「一族経営」として、創業した親の跡を継いで息子や娘が社長になるというケースも見られます。

大企業のトップになれるのは限られた人だけで、さまざまな実務経験や実績が求められてきますし、人の資質を見抜く力や先を読む力、人間関係を上手に構築していくようなスキルも必要とされます。

中小企業の社長

中小企業の社長も大企業と同じく、外部からの引き抜きや社内昇進など、さまざまな形で社長になる人がいます。

社長が大株主となる「オーナー社長」であるケースも比較的多いようです。

大企業に比べると組織全体を見渡しやすく、従業員との距離感も近くなるため、社長の方針が直接、社内全体に伝わりやすいといった特徴があります。

悪い一面を挙げると、「ワンマン社長」になりやすいということもいわれます。

しかし、社長の手腕によっては、会社を無名の状態から大きく育て上げていくことも可能です。

ベンチャーなどの創業社長

上記のほか、自ら起業して会社を設立する、いわゆる「起業家」や「創業社長」といわれる人たちもいます。

とくに現代ではインターネットが普及し、20代などの若いうちにIT系のベンチャー企業を立ち上げて社長になる人も急激に増えています。

以前に比べると、株式会社を立ち上げることへのハードルも低くなっていることから、社長になることはさほど難しくはありません。

創業すれば、自分のバイタリティやアイデアを活用して、理想とする新しいビジネスを生み出すことができるでしょう。

しかし、起業後に会社の経営を安定させることは大変であり、創業してすぐに撤退するような例も多々あります。