就活ノウハウ

人生に何度もあるわけではない、就職活動。

初めての就職活動では、慣れないことで不安になってしまったり、うまくいかずに苦しいと感じてしまったりすることもあるかもしれません。

ですが、就職活動は自分のこれからの生き方を決める、大事なイベントのひとつです。

事前に就職活動のポイントを学んでおき、ぜひ前向きに就職活動に取り組んで、充実した社会人生活を送ってください。

就活の基礎知識

就活ノウハウ記事

自己分析の方法

就職活動をするときに、避けては通れないのが「自己分析」です。

自己分析をする大きなメリットは、自分の長所・短所をあらためて理解できることです。

さらに自分をより深く、客観的に知ることで、強みを生かした仕事を見つけることができたり、弱みを知ったうえで強みをどう生かせばよいか考えたりするきっかけにもなります。

まずは自己分析の目的と方法を知り、第三者にもしっかりと伝わる自己PRを作成してみましょう。

キャリアプランの考え方、答え方

自分が将来どのような仕事をしていきたいのか考えることを、「キャリアプラン」といいます。

なりたい職業や、やりたい仕事、将来の目標が見つかったとしても、そこにたどり着くためにはしっかりとした計画が必要です。

自分のキャリアプランを考えることは、自分自身がどう生きていくかに向き合っていくことでもあります。

キャリアプランの考え方を知り、就職活動でどうアピールすればよいのか考えてみましょう。

業界研究のやり方、方法

世の中には数え切れないほどの職業があります。

しかし、具体的にどのような仕事をしているのかよく知らないことも多いのではないでしょうか。

また、就職活動を始めてみると、「世の中にこんな仕事があったこと自体を知らなかった」といった経験をすることがあります。

業界研究を行って、より多くの業界について知り、本当に自分に合った仕事を見つけてみましょう。

企業研究のやり方、方法

就職活動をするにあたって、自己分析や業界研究と同じく重要なのが「企業研究」です。

企業研究をすれば、企業そのものの基本的な情報を得られるのはもちろん、それまで目を付けていなかった企業に対する興味が沸くきっかけになるかもしれません。

企業研究の効果的なやり方や、チェックしておきたいポイントを知って、ぜひ自分の就職活動に生かしてください。

インターンシップの目的と対策

「インターンシップ」とは、企業が学生を一定期間受け入れ、実際に働いてもらう制度です。

アルバイトとは違い、社員の方々と同じように働くことで、社会人になるにあたっての心構えを固める効果があります。

また、これから本格的に業界研究や企業研究を進めていく上で、実地で働いて得た経験は貴重な財産となります。

インターンシップの目的と参加するにあたっての対策を知り、効果的なインターンシップ期間を過ごしましょう。

OB・OG訪問の必要性、対策

自分が在籍する大学や専門学校、あるいはゼミ・サークルなどの卒業生の先輩を訪ね、仕事の話を聞くことを「OB・OG訪問」といいます。

OB・OG訪問は必ずしなくてはならないわけではありませんが、気になる会社や、ぜひ就職したい会社の社風を知るには、先輩社員の話を聞くのが非常に効果的です。

OB・OG訪問の方法や注意すべきポイントなどを理解し、自分の就職活動に役立てましょう。

会社説明会で気をつけること

企業についての話を聞くことができる「会社説明会」は、就職活動をする学生と企業が初めてコンタクトを取る機会になります。

慣れない会社とのコミュニケーションに最初は緊張してしまうかもしれませんが、企業研究を進めるために、ぜひ積極的に参加したいものです。

会社説明会への臨み方や、気をつけておくべきマナーを知り、そこで得られる経験値をより大きなものにしましょう。

プレエントリーとは

就職活動をスタートすると、「プレエントリー」という言葉を見かけることがあるかもしれません。

プレエントリーとは、本格的に就職活動をする前、企業に対して「興味があります」という意思表示をするようなものです。

正しくプレエントリーをすることで、企業から資料を送ってもらえたり、会社説明会の情報をいち早く知らせてもらえたりすることができます。

プレエントリーのやり方を知れば、スムーズな就職活動につなげられるでしょう。

自己PRの方法

就職活動では、エントリーシートや面接において、「自己PR」を求められる機会が非常に多くあります。

企業は学生の自己PRを通して、学生の強みや個性などが自社の社風や求める人物像に合っているかどうかを確認しています。

また、学生にとっては経験や得意なことをアピールすることで、人柄や熱意を企業に伝えるチャンスにもなります。

自己PRは就職活動を成功させるための大事なポイントです。

面接対策のまとめ

就職活動において、面接は合否を判断するための重要な要素となります。

企業によっては、たとえ筆記試験や適性試験などが少しうまくいかなくても、面接の結果によっては採用することもあるといわれるほどです。

面接対策に時間をかければ、採用される可能性はアップするはずです。

まずは面接で気をつけたいマナーや、面接時に起こりがちなトラブルなどを知り、落ち着いて面接に臨めるよう準備しましょう。

集団面接・グループ面接の対策まとめ

就職活動の面接は、面接官に対して自分一人だけで行われる「個人面接」の場合もあれば、他の学生と一緒に受ける「集団面接・グループ面接」の場合もあります。

集団面接・グループ面接には、個人面接とは別の注意点や気をつけたいポイントがあります。

それらを事前に頭に入れておき、自信をもって当日臨めるように準備しましょう。

グループディスカッションの対策

就職活動の採用選考の中で、「グループディスカッション(GD)」を行う企業は多くあります。

グループディスカッションは面接とは異なり、あるテーマに基づいて学生同士が意見交換をしながら、結論を導き出す必要があります。

いざ本番となって慌てないよう、グループディスカッションのポイントや対策方法をよく知っておきましょう。

圧迫面接の対処方法

就職活動の面接の場で、面接官が学生に対して心理的な圧迫感を与えることを「圧迫面接」といいます。

圧迫面接は多くの人にとって苦しいものであり、できれば避けたいと考える人も多いかもしれません。

しかし、圧迫面接には意図があり、その場を乗り越えることで企業からの評価にもつながります。

圧迫面接にはパターンもありますので、対処方法を理解しておけば、いざというときにも慌てずに乗り切れるでしょう。

最終面接の対策

就職活動において、最終面接は内定前の最後の関門です。

しかし、企業にとっては学生が本当に自社に合うかどうかを見極めるラストチャンスとなり、これまで以上に慎重に学生に向き合います。

最終面接では重役が面接官となることも多く、緊張して普段の力が出せない学生もいるようです。

その場で何が行われるのかや、どのような点に気をつければよいのかを知り、見事内定を手に入れましょう。

内定者懇親会とは

内定通知を受け取ってから入社するまでの期間に「内定者懇親会」を開催する企業は少なくありません。

内定者懇親会では、他の内定者とコミュニケーションをとり、また入社予定の企業に対する理解をさらに深める絶好の機会となります。

内定者懇親会に参加する際の注意点や心構えを知っておくことで、充実した時間を過ごしてください。

内定式とは

就職活動を乗り越えて無事に採用されると、その後、内定を正式に決定するためのイベントとして「内定式」があります。

内定式では、内定証書の授与や他の内定者との懇親会など、さまざまな催し物が開かれます。

この内定式をきっかけに、本格的に働くことを意識する学生も多いようです。

出席の際のポイントや気をつけたいことなどを知り、内定式の時間を有意義に過ごしましょう。

内定辞退の考え方、方法

せっかく企業から内定を出してもらっても、やむを得ない事情で「内定辞退」をすることもあるかもしれません。

内定を断るときは、誰しも少なからず心苦しい気持ちになるものです。

しかし、内定辞退のより良い方法を知っておくことで、企業も自分も必要以上に嫌な思いをせずに済む場合があります。

まずは内定辞退の考え方から知っていきましょう。

試用期間とは

日本では、多くの企業が「試用期間」というものを設けています。

試用期間は、本採用を前に社員の仕事の能力などの適性を見極め、本採用までに足りない部分を指導するための期間として位置づけられています。

試用期間中にどのようなことに気をつけなくてはならないのかや、その間の給料はどうなるのか理解しておき、安心して前向きに試用期間を過ごしましょう。

ここで紹介してきたように、就職活動には、ある程度の決まったルールやポイントがあります。

それらをしっかりと理解しておけば、必要以上に心配したり、不安になったりすることもないでしょう。

大切なのは、自分が何のために就職活動をやるのかをよく考え、ゴールに向かうためにやるべきことを明確にすることです。

就職活動に積極的に取り組んで、ぜひ自分の夢・目標を叶えてください。

work style

働き方インタビュー

人生体験記

人生体験アンケート

category