スーパーバイザーの現状と将来性

会社に不可欠な存在

スーパーバイザーの役割は勤務先の会社の種類によっても異なりますが、多くの人が活躍するコンビニやアパレル企業などでは、店舗の売上や利益を左右する重要なポジションとして位置付けられています。

とくに多くの店舗を持つチェーン店においては、本部の方針や意思を店舗へ正しく伝えていく「仲介役」になれる存在としても、スーパーバイザーが欠かせません。

スーパーバイザーは店舗業務のすべてを把握し、店舗がよりよい状態で運営できるように提案や指導を行っていくため、かなり高いレベルのスキルが求められるといえるでしょう。

どの企業でも、実力のあるスーパーバイザーを欲していることは確かです。

実績を出せば評価される

スーパーバイザーは、会社の経営、売上アップに大きく貢献できる仕事です。

それだけに、能力や適性があると認められた人だけがこの仕事に就くことができ、スーパーバイザーとして働く日々には誇りとやりがいを感じられるでしょう。

さらに成果を出していけば、担当する店舗数が増えたり、現状を改善させることが難しい店舗を任せられたリするようになり、よりいっそう期待される存在として活躍することができます。

給与水準も比較的よく、さらに頑張った分だけきちんと評価されやすい職種であることから、そうした点でも前向きに働くことができるでしょう。

体力も必要な仕事

とくに店舗巡回をする小売店や飲食店などのスーパーバイザーは、毎日忙しく動き回ることになります。

場合によっては不規則な勤務時間になることもあり、年齢が上がると体力的に厳しくなってしまう人もいるようです。

したがって、若いうちにできる限りキャリアを磨き、スーパーバイザーからさらに上のポジションを目指すことも必要になるかもしれません。

もちろん、本人の意欲次第では、一流のスーパーバイザーとして会社に貢献し続けることも可能です。