スーパーバイザーの需要・現状と将来性

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

スーパーバイザーの現状

スーパーバイザーは、店舗の売上や利益に直結する、きわめて重要なポジションをになう職種です。

また、本部と店舗の間に立って、両者のコミュニケーションをスムーズに行う「仲介役」という意味においても、やはりその役割は非常に重要です。

近年は、小売業界や外食業界にとどまらず、介護施設などの福祉業界や美容院、学習塾など、さまざまな業界でフランチャイズ化が進んでいます。

それにつれて、あらゆる施設において、どんどんスーパーバイザーの需要が高まっているのが現状です。

とくに経験者は引く手あまたの状況が続いており、それまでのキャリアを生かして異業種に転職する人も増えています。

今後についても、「人材の流動化」が積極的に進んでいくものと想定されます。

スーパーバイザーの需要

上述のとおり、現状ではスーパーバイザーは供給よりも需要のほうが大きく上回っています。

このため、一昔前までは、基本的にスーパーバイザーになれるのは実務に精通した経験者のみでしたが、業界によっては現場経験がなくても採用するという求人も増えつつあります。

未経験者にまで広く需要が拡大しているというのは、これからスーパーバイザーを目指す人にとっては恵まれた環境といえるでしょう。

しかし、一般的にスーパーバイザーの仕事は体力的に激務であり、また「ほかの人を指導する」という特性上、人によって向き不向きがはっきりと分かれやすい職種でもあります。

実務経験がないままスタッフを指導するのは大変ですので、未経験OKの求人よりも、できれば「数か月程度は現場スタッフとして働く」ことを条件とした「スーパーバイザー候補」の求人を選ぶことをおすすめします。

スーパーバイザーの将来性

上述のとおり、各企業にとって不可欠な存在であるスーパーバイザーに、将来性を疑う余地はありません。

ただし、各スーパーバイザーの仕事ぶりは「目標達成率」などの数字ではっきりと表れますので、続けるためには、他者よりも優秀な成果を出し続けなくてはなりません。

そういう意味では、スーパーバイザーの将来性は、ほかの職種のように勤め先の企業や業種・業界にかかっているというよりも、純粋に個人の腕前にかかっているといえるでしょう。

また、複数の店舗を担当するなどして移動が多いうえ、勤務時間も不規則になりやすいスーパーバイザーは、体力的な負担が非常に重い職種といえます。

一般的にスーパーバイザーとして働ける期間はほかの職種よりも短いため、キャリアの晩年に差し掛かる前に、本部の管理職など、さらに上のポジションを狙うことが必要になってくるでしょう。

スーパーバイザーの今後の活躍の場

スーパーバイザーの活躍の場は、現状でも複数の業界にまたがってかなり幅広くなっていますが、今後、さらにあらゆる業界へと拡大していくことが想定されます。

そのもっとも大きな要因は、さまざまな業界で業務の一部を外注する「アウトソーシング化」が進展していることです。

近年は、業務の初期投資コストを抑えるため、あるいは経営リスクを減らすため、自前でスタッフや設備を抱えずに外注するケースが増えています。

メーカーや物流業界、テレビなどのマスメディア業界ではそうした動きが顕著ですし、IT業界でもアウトソーシングが主流となりつつあります。

そうやって外部の業者がどんどん増えていくと、ちょうどFC本部と加盟店の関係と同じように、両者の仲介役として、指導や管理を行うスーパーバイザーが必要になります。

職種としてのスーパーバイザーの可能性は、これからもどんどん大きくなっていくでしょう。