販売促進への転職・未経験採用はある?

販売促進への転職状況は?

販売促進の重要性は以前より高まっているといわれています。

テレビや雑誌などのマス媒体や広告媒体として今やマス媒体同様の重要度を持っているインターネット媒体、そしてSNS普及など販促で利用できる手段は多様化を続けています。

販売促進を専門に行う部門を設置している企業もあれば、外部企業の販促を請け負う企業、部門はないにしても同様の業務を行うケースもあります。

販促の手法が複雑化している中でもモノやサービスを売るための業務が変わることはなく、これまで以上に専門性を高める必要もありますし、柔軟な発想も必要になるります。

どの企業、業界においても販促の需要が減ることはなく、むしろ多様な人材が求められていく傾向にあるため、転職のチャンスも多いといえます。

販売促進への転職の志望動機で多いものは?

転職する理由は人それぞれです。

給与面や職場環境など、よりよい待遇を求めて転職を希望する人もいれば、これまで経験していない業界での販促にチャレンジしたいなど、スキルやキャリアアップを求めて転職する人もいます。

特にスキルやキャリアアップを志望動機にした転職は多いかもしれません。

例えばインターネットを活用して販促を経験したい、イベントを絡めた施策を立案したいなど、これまで経験していない分野にチャレンジし、転職先で貢献したいという動機は一定数あるのではないでしょうか。

今後も求められる職種ですし、さまざまな業界を経験していればそれだけ将来の選択肢も増えます。

販売促進の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から販売促進になるには

販売促進になるために必要な資格はありません。

そのため「専門の知識がなければ就けない」というわけではないため、チャンスがあれば未経験でも販売促進として活躍できます。

求人サイトで検索してみると分かりますが、未経験者を積極的に募集している企業も多くヒットするため、求人情報を頻繁にチェックすることをおすすめします。

転職サイトによると未経験者や第二新卒が求められる傾向にあるという記述もあり、未経験者でも十分チャンスはあるようです。

また、販売促進になる前の職種で多いのは営業職です。

営業として活躍していた際の人脈は販売促進でも役立つことが考えられ、大きなメリットになりそうです。

ほかにも広報や宣伝業務に携わっていた経験があるとマーケティングの知識も生かせるのでメリットは大きいといえるでしょう。

販売促進への転職面接で気をつけるべきことは?

販売促進といえども、転職に際の面接で気を付けるべきポイントはほかの職種と変わりません。

・これまでの経歴を端的に説明する
・志望動機を自分の言葉で分かりやすく伝える
・マネジメント経験があれば具体的な内容を伝える
・これまでの実績と成果をアピールする
・入社後のキャリアプラン

どれも転職の面接で質問されそうなことですので、事前の準備はしっかり行った方がよいです。

経験者の場合は経験した業務と成果、気を付けたことや前者区で貢献できたことはアピールになるので具体的に伝えるようにしましょう。

未経験者であれば上記で挙げたような質問に答えられるようにするのはもちろん、なぜ未経験の職種にチャレンジしたいと思ったか、志望動機と熱意を伝えることは必須といえます。

販売促進に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

求人募集に関して、特別な事由がない限り年齢を理由に制限をしたり、採否を決めたりすることは法律で禁止されています。

そのため誰にでもチャンスはあるといえますが、一般的には30代半ばくらいまでが転職しやすい年齢といわれています。

経験者であればある程度の業務をこなしており、即戦力として期待できるためです。

それよりも年齢が上がってくると管理職として活躍しているケースも多く、自社の業務にやりがいを見つけ、転職に意欲的じゃないかもしれません。

未経験から販売促進の転職での志望動機

未経験で販売促進を目指す場合、当然ですが志望動機は大きな判断材料になります。

例えば、営業職経験者が転職する割合が高いと紹介しましたが、なぜ販売促進に興味を持ったのか必ず理由があるはずです。

業務上で関わることも多く、関わった企画がおもしろい上に成果を上げたことに感激し、自分でも手がけてみたくなったなど、理由を論理的に説明します。

前職の会社に販売促進、もしくは同様の部署があるにも関わらず別の会社への転職を希望する際は、その理由を説明できなくてはいけません。

また、コミュニケーションを取るのが得意、部署は違うが企画を立てる仕事をしていた、アイデアを発信するのが得意など、販売促進に生かせる長所をアピールするのも効果的です。

その際は業務での実例を交えて志望動機に盛り込むとよいです。