品質管理と品質保証の違い

どちらも製品の「品質」を守る仕事

品質管理」と「品質保証」は、メーカーにとって不可欠な存在です。

どちらも製品の「品質」を守る仕事であり、品質の維持や改善をおもな役目としています。

しかし、この2種類の仕事は重なり合うところがある一方、会社によっては別職種として置かれることもあるなど、少しずつ役割や業務範囲が異なることが特徴です。

それぞれの仕事内容は?

品質管理

品質管理は、製造工程において、製品の品質を満たすための方法や業務改善について検討していくことをおもな役目とします。

不良品の出る原因や、不良品を出さないためにはどうすればよいのかといったことを考え、製造工程を改善していきます。

品質保証

一方、品質保証では、「製品の品質が基準を満たしているかどうか保証すること」をおもな役目とします。

もし製品の不具合が発生してしまえば、その原因を見つけ出し、対策について考えていくようなことも行います。

さらに、顧客からのクレーム対応も窓口となって行うのが一般的です。

品質保証の業務の一部に品質管理がある

品質管理が、製造現場で不良品を出さないための業務を担当するのに対し、品質保証は、製品を販売した後にもクレーム対応など、品質を保証するための業務に関わっていきます。

なお、品質を保証するには、「どのような製品を作るか?」といった企画段階から、設計、製造、そして出荷・販売後まで、各工程において全般的に関わっていかなくてはなりません。

一般的には、品質保証の一部に品質管理の仕事が含まれると考えられています。

また、品質保証が「外部の視点に立って品質を保証する」という要素が強いのに対し、品質管理は「その品質保証のために社内でどのように生産を行っていくのか、製造体制を整えていく」といった内向きの仕事の要素が大きいことも両者の違いといえるでしょう。