経営企画の1日のスケジュール・生活スタイル

経営企画の業務スケジュール

経営企画は、一般的にかなり忙しい部類に入る職種です。

業務が会社組織全体に広く関わるため、さまざまな部署と交流し、意見を募ったり情報を収集したりしながら仕事を進めなくてはなりません。

そのうえ、集めたデータを分析したり、わかりやすく資料に落とし込んだりといった事務作業量も膨大です。

経営課題を探したり、解決するための方法を探したり、新しい企画を練ったりと、試行錯誤しなければならないタイプの仕事も多数あります。

業務スケジュールは非常に詰まりやすいため、短時間でデスクワークを片付けられる事務処理能力、手際のよさが重要になるといえるでしょう。

ただし、フレックスタイム制などが導入されているケースも多く、忙しい反面、労働時間の融通が効きやすいというメリットもあるようです。

IT企業で働く経営企画の1日

8:15 出社
早めに出社し、スケジュールの確認や部内ミーティングを行います。
9:00 経営会議準備
会議の席次チェックや資料の配布、進行の打ち合わせなど、最終の事前作業を行います。
9:30 経営会議出席
司会進行したり、経営陣の発言内容をメモしたり、意見を述べたりします。
11:30 デスクワーク
メモに基づいて、会議の議事録を作成します。
12:00 昼食休憩
社員食堂に行ったり、自席で弁当を食べたりします。
13:00 デスクワーク
各部署からあがってきたデータを取りまとめ、次回会議用の資料を作成します。
14:00 他部門合同会議
新しく立ち上げる予定のプロジェクトについて、システム部門のエンジニアをまじえて協議します。
16:00 デスクワーク
協議した結果を踏まえて、新規事業計画の詳細を詰めます。
18:00 部内ミーティング
各担当者の抱えている業務内容を共有します。
19:00 退社
あまり遅くならないように仕事を片付け、退社します。

経営企画の勤務時間・残業時間

経営企画の勤務時間は、どこの業界・企業でも、9:00~18:00や10:00~19:00など、日勤の時間帯に設定されています。

ただし、上で述べた通り、経営企画はハードワークが求められる職種であり、毎日定時に帰宅できるタイプの仕事とは正反対です。

朝は早く出社し、夕方も数時間程度の残業をこなすケースが一般的であり、残業時間はかさみがちです。

しかし、経営企画は比較的閑散期と繁忙期の差が大きく、1年を通してずっと忙しいというわけではありません。

勤め先にもよりますが、予算編成を終えた直後など、ゆったりと余裕をもって働ける時期もあります。

仕事に打ち込む時期とそれ以外の時期で、忙しさにメリハリが効いていることも、経営企画の特徴のひとつといえるでしょう。

経営企画に休日出勤はある?

経営企画の休日は、カレンダー通りの土日祝日を休みとする完全週休二日制となっている企業が大半です。

デスクワークが主体であり、土日にしかできない業務はほぼありませんので、休日出勤を求められることもまずありません。

ただし、会社側から求められることはなくても、仕事の進捗次第では、自主的に休日出勤しなければならないことはあります。

経営会議などはあらかじめ日程が決まっていますので、その日までに任された仕事を完成させられなければ、休みをつぶしてでも作業に当たらなければなりません。

また、あくまで一部ではありますが、海外進出案件やM&A案件などを手掛け、ほとんど休みなしで飛び回っている経営企画もいます。