スーパーバイザーの仕事、業務内容

小売店などの管理・監督役を務める仕事

スーパーバイザーは、スーパーやコンビニエンスストアなどの小売店、飲食店、コールセンターなどにおいて、事業を成功させるために監督・管理やスタッフの統括などを行う仕事です。

英語表記である「supervisor」から「SV」と呼ばれることもあります。

勤務先の種類によって、スーパーバイザーの具体的な仕事内容や役割は以下のように少しずつ異なります。

小売店、飲食店

担当エリアを持ち、エリア内の複数の店舗を定期的に巡回します。

各店舗の店長とコミュニケーションをとりながら、売上や商品構成、商品の陳列方法、在庫管理、スタッフ教育といった店舗運営のあらゆる面に関して指導やアドバイスを行います。

また、本部(本社)からの連絡事項を店舗に伝えるとともに、店舗の状況をヒアリングして本部へ持ち帰る橋渡し役としても活躍します。

コールセンター

コールセンターのスーパーバイザーは、そこで働くスタッフの統括を行う役目を担います。

スタッフへの業務指導や研修、フォローアップなどをおもに担当し、現場が円滑に動くようにまとめていきます。

また、難しいクレームへの対応はスーパーバイザー自らが行うこともあります。

福祉業界

一般に「スーパーバイザー」というときは、コンビニやスーパーといった小売店で働く職種を意味することが多いですが、福祉業界でもスーパーバイザーという職名の人が活躍しています。

福祉業界のスーパーバイザーとは、社会福祉施設や社会福祉機関などで、援助を行うスタッフに対して指導や評価、管理などを行う仕事です。

ケアマネジャーの上位にあたる「主任介護支援専門員」といわれる人がスーパーバイザーとして活躍することが多くなっています。

エリアマネージャーとの違いは?

スーパーバイザーと混同されやすい職種に「エリアマネージャー」というものがあります。

実際には、両者はほぼ同じ意味で使われることが多く、現場を管理しながらよりよい経営状況になるように指導や監督をしていくことをおもな役目とします。

ただし、会社によってはエリアマネージャーは「特定のエリアの責任者」、スーパーバイザーは「本部と店舗の間に立って管理・監督を行う人」という意味で使い分けられることもあります。