製造業の生産管理

製品の生産から出荷までの体制を管理する

生産管理は、ものづくりを行う製造業の企業にとって不可欠な仕事のひとつです。

ただし、ひとくちに「製造業」といっても多種多様であり、業種や会社が異なれば、生産管理という言葉の使われ方や仕事内容は少しずつ異なるようです。

一般に、製造業における生産管理は、販売計画に基づいて、製品の生産から出荷にいたるまでの体制を立案して管理する仕事です。

具体的には、生産計画の立案、原材料の発注先決定、取引先との価格交渉、納期・在庫管理、生産工程の管理など多岐にわたります。

また、会社によっては品質管理などに関わることもあります。

生産現場の舵取り役となる

工場では、急な生産工程の変更、予期せぬ不良品の発生といったトラブルなど、臨機応変な対応が求められる場面もしばしば出てきます。

生産管理はそうした場面で適切な判断を下し、生産がその時々の目的通り、かつスムーズに行えるように、現場の人たちに指示を出しながら工場を動かしていきます。

製造業の工場では、決められた納期のなかで、一定の量・品質・コストを維持した製品をつくり出さなくてはなりません。

生産工程の全体を見る目が必要とされ、いわば生産現場の「舵取り役」や「指揮官」となって活躍する仕事です。

製造業の生産管理に求められるスキル

生産管理にとって重要なのは、受注状況や需要予測などから、どれくらいの生産を行えばいいのかを考えて、その生産体制を整えることです。

そのため、営業や企画・マーケティングといった部門の人たちと連携したり、ときに取引先と納期調整の交渉を行ったりすることもあります。

異なる立場の人たちをまとめていくには、高いコミュニケーション能力が求められるといえるでしょう。

在庫を抱えすぎたり、逆に在庫が足りなくなったりすることがないよう、さまざまな情報を集めて生産計画を立てたうえで工場の動きをコントロールしていくため、物事の全体を見る力も求められてきます。