「運輸・輸送」系の職業・仕事

運輸・乗り物に関わる職業は、私たちの暮らしを支える身近な存在であるといえるでしょう。

「パイロット」や「宇宙飛行士」などは、複雑かつ高度な部品とシステムで成り立つ機体を操作する技術力が求められる職業です。

また、「タクシー運転手」や「バス運転手」など車両を運転する仕事も、運転する車体の種類ごとに必要な免許を取得しなくてはなりません。

そして、このような乗り物に関わる人たちを支えるのが、「航空整備士」や「自動車整備士」など整備系の仕事と、「航空管制官」や「車掌」など運行管理系の仕事です。

こうした運輸・乗り物に関わる職業に就く人の多くが、「鉄道会社社員」「航空会社社員」「開運会社社員」として働いています。

■目次

▶ 機体操作系
▶ 車両運転系
▶ 整備系
▶ 運行管理系
▶ 運輸関連職

機体操作系

パイロット

航空管制官の指示の下に専門技術を駆使して航空機を操縦し、安全なフライトを実現する。

詳しくみる

電車運転士

高度な技術で電車を動かす。車内の点検や整備にも責任を持ち、安全な運行を実現する。

詳しくみる

航海士

作成した航海計画に基づき、気象や潮流の状況を踏まえて船を操縦し、船員の指揮をとる。

詳しくみる

宇宙飛行士

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在し、研究や実験を行って宇宙開発の一端を担う。

詳しくみる

車両運転系

運転手

タクシー、バス、トラックに乗務し、お客さまや貨物を目的地まで安全に送り届ける。

詳しくみる

タクシー運転手

普通自動車第二種運転免許を持ち、タクシーに乗ったお客さまを目的地まで安全に運ぶ。

詳しくみる

トラック運転手

大型自動車運転免許などを持ち、荷物を荷揚げ場所から荷卸し場所へと運んで物流を支える。

詳しくみる

バス運転手

大型第二種自動車運転免許を持ち、路線バスや観光バスを目的地まで安全に運転する。

詳しくみる

セールスドライバー

トラックに乗り、宅配便などの荷物の配達や集配、料金回収、営業などを行う。

詳しくみる

整備系

航空整備士

膨大な部品から成り立つ航空機の整備・点検を行い、フライト中の事故を未然に防ぐ。

詳しくみる

自動車整備士

専門技術を駆使して自動車の点検、整備、修理を行い、車のさまざまなトラブルを解決する。

詳しくみる

運行管理系

航空管制官

地上から航空機へ安全な飛行ルートや気象情報に関する指示を出し、空の交通整理を行う。

詳しくみる

ディスパッチャー

航空機が安全に空を飛べるよう、気象状況などの情報を集めてフライトプランを作成する。

詳しくみる

車掌

駅のホーム上や電車の車内で適切な案内を行い、電車運転士と協力して乗客の命を守る。

詳しくみる

通関士

貿易業務に必要となる専門的な手続きを代行し、物のスムーズな輸出・輸入を支える。

詳しくみる

運輸関連職

鉄道会社社員

人々の交通手段となる鉄道を街に走らせると同時に、路線沿線の街づくりに携わる。

詳しくみる

航空会社社員

航空機で旅客や貨物を輸送する会社。空港で働く人のほか、本社で営業や事務に携わる人も。

詳しくみる

海運会社社員

海を利用し、船で石油や石炭、機械、食料品、日用品などのあらゆるモノを輸送する。

詳しくみる

職業カテゴリー