生産技術に向いてる人、適性

コツコツと地道に物事に取り組める人

生産技術は、ものづくりの現場を裏方として支えていく仕事です。

製造現場の声や、各種データを集めながら品質やコストなどについて検討し、「より生産性を上げるにはどうすればよいのか」といったことを考えていきます。

生産技術の活躍によって、会社は製造コストを下げ、生産性を高めることができ、より大きな利益を上げることにつながっていきます。

製造業には欠かせない重要な仕事ですが、普段は決して目立つ存在ではないため、コツコツと縁の下の力持ちとして働き、自分の頑張りが誰かの力になることをやりがいに感じられるような人に向いているといえます。

ものづくりに関わりたい人

生産技術の仕事では、製造現場とも深く関わっていきます。

日々、よい良いものづくりをするための方法や、現状を改善していくことを考え続けるため、ものづくりそのものに強い興味がある人であれば仕事を楽しめるでしょう。

もちろん、新しい技術について勉強したり、それを生かすにはどうするかといったことを考えるのが好きな人にも向いています。

日常業務でも工場にいる時間が長く、特殊な機械や設備に触れることも多いため、そうした場所で働くことを想像するとワクワクするような人は、生産技術としての適性があるといえます。

人とコミュニケーションを取ることも楽しめる

一般的に生産技術は理系の仕事に分類されますが、職人や研究者のように一つのことに没頭するというよりも、社内のあちこちを駆け回って現場と本社をつなぐ役目を担うことが多い仕事です。

実際、工場で働く人たちをはじめ、購買や研究開発、管理など、工場以外の部門の人たちとの連携も必要になります。

さまざまな立場の人とコミュニケーションを取りながら働かなくてはならないため、人と話すのが苦痛ではなく、むしろ楽しめるような人に向いている仕事です。

また、ある程度のリーダーシップも求められてくるでしょう。