海外営業の一日のスケジュール・勤務時間と休日についても解説

海外営業の過ごし方は?

海外営業の1日の仕事の流れは、勤務先や担当業務によってもだいぶ異なります。

なお、海外営業といっても、担当する国によって商習慣は違いますし、仕事を進めるうえで独自のルールが存在することも多々あります。

また、国ごとに時差の違いなども発生するため、相手の状況に合わせて働くことも必要になってきます。

国内営業とは違う難しさがありますが、日本の製品を世界中の人に届けることができる大きなやりがいを味わうことができます。

とくに海外で駐在員として働く場合は、日本とは異なる環境で生活することになるため、日々さまざまな刺激を受けることができるでしょう。

一方、文化や習慣が異なる人たちとのコミュニケーションが不可欠となるため、現地に馴染む努力も必要になってきます。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

メーカー勤務の海外営業のある1日

8:30 出社
オフィスに着くと、メールチェックからスタート。顧客や代理店からの問い合わせにはできるだけ早く答えます。
9:00 チームミーティング
チームメンバー全員で、新規販路の開拓についての戦略ミーティングを行います。
12:00 休憩
リフレッシュかねて同僚と一緒に近場の飲食店へ出かけ、昼食をとります。
13:00 テレビ会議
海外現地のパートナー企業と映像で顔を合わせながら会議をします。
14:00 資料作成
来週からの出張に向けたプレゼンテーション資料を作成します。
16:00 社内打ち合わせ
製品の出荷状況について、生産部門の担当者と打ち合わせをします。
17:30 デスクワーク
メールの返信や電話対応、業務日報作成などデスクワークを進めます。
18:30 退社
早めに仕事を終えられた日は、そのまま家に帰ってゆっくりと過ごしたり、ジムで汗を流したりします。

勤務時間

海外営業の勤務時間は会社によって多少異なりますが、一般的には9:00~18:00くらい、実働は7.5時間~8時間程度となっています。

基本的には日勤の仕事となります。

「フレックスタイム制」が導入されている会社もあり、会社の規定内であれば出退勤時間を調整することができます。

ただし、海外は国によって時差があるため、時差の大きい国を担当する場合、現地との会議などによって早朝や深夜に対応しなくてはならないこともあります。

また、海外出張の際は通常の勤務時間外に行動しなくてはならないことがあるため、国内営業に比べて不規則で忙しいと感じることがあるかもしれません。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

休日

海外営業の休日は、土日が休みの「週休2日制」が一般的とされています。

祝日も基本的には休みとなることが多いようですが、日本の祝日は海外では平常通りに動いているため、状況によっては、相手に合わせて仕事をしなくてはならないこともあるかもしれません。

なお、出張で休日出勤が発生する場合には、たいてい振替休日が取得できますが、会社によって規定は異なります。

残業の状況は?

海外営業の残業時間は、会社によってだいぶ異なるようです。

「営業職」というと残業が多いイメージを持たれることが多いようですが、最近では残業削減に取り組む企業が増えており、なかには月に残業時間が10~20時間程度と、ほぼ残業をせずに帰れる職場もあります。

また、営業職として、勤務時間後に代理店や取引先などとの飲み会や接待が頻繁にある職場もあるようです。

自分で仕事の進め方をうまく調整し、日によって定時で上がるといったこともできるようですが、顧客ありきの仕事であるため、トラブルが発生した際には遅くまで残って対応することもあります。

また、海外出張中は日本とは異なる商習慣の国で仕事をすることになり、日本の勤務時間とは違う形で動くことになるでしょう。