人材コーディネーターの現状と将来性

派遣で働きたい人は大勢いる

「派遣」というと、まだまだネガティブなイメージを持たれることも多いようですが、個々の希望に合った働き方を実現するためのひとつの手段として、あえて派遣のスタイルを選ぶ人は決して少なくありません。

雇用に対する社会的動向に左右される職種ではあるものの、現状、派遣ビジネスはまだ伸びているといえます。

そのなかで、求職者一人ひとりのキャリアに対する考え方をしっかりと引き出し、適材適所へのマッチングを実現する人材コーディネーターは、紛れもなく需要のある仕事だといえるでしょう。

人材会社では事業を拡大する傾向に

大手人材会社を中心に、最近では「人」に関わるビジネスを多角化する傾向が目立ちます。

もともと派遣事業だけを行っていた企業でも、人材情報サービスの提供、人材紹介、採用支援コンサルティング、就職・転職メディア運営、採用後の研修・セミナーなどさまざまな事業を手掛けながら、事業を拡大させるケースが見られます。

「人材」は企業にとって欠かせないものであるため、こうした人材ビジネスで大きく成功している会社がある一方、経営があまりうまくいっていない人材会社も存在します。

なかには、過酷な労働環境で離職率が非常に高い会社もあるといわれているため、よく注意して就職先を決定したほうがよいでしょう。

専門性のある人材コーディネーターは強い

ひと昔前は、派遣というと一般事務職中心の求人がほとんどでしたが、最近では、医療職(医師看護師など)や技術職(ITエンジニアなど)のように、高度な専門性が求められる分野に特化した人材サービスを提供する会社も増えています。

当然、そのような会社に勤める人材コーディネーターは、医療なら医療の、ITであればITの専門知識を持っているほうが有利になります。

人材コーディネーターとして、より専門性を発揮して働きたいのであれば、そうした道で経験を積んでいくことも視野に入れてみるとよいでしょう。