人材コーディネーターの需要・現状と将来性

人材コーディネーターの現状

労働力不足が社会的な問題となるなか、人材コーディネーターが働く人材派遣や人材紹介のビジネスは、ますますその存在感を強めています。

派遣社員の待遇についての是非はあるものの、こうした働き方を求めるニーズは企業にも労働者にもあるため、人材派遣や人材紹介を行う事業所は全国各地にたくさんあります。

当然、そこで働く人材コーディネーターも多く、経験者を求める企業はもちろん、未経験を人材コーディネーターとして採用する企業も決して少なくありません。

一方で、正社員ではなく契約社員としての採用からスタートするケースも増えています。

最近ではAIを活用したマッチングサービスも増えており、人材コーディネーターとしての専門スキルやコミュニケーション能力をはじめとした、ヒューマンスキルが強く求められる時代に入っています。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

人材コーディネーターの需要

全国にある多くの人材派遣サービスや人材紹介サービスでは、人材コーディネーターを求める動きも強まっています。

とくに専門領域を持つ人材コーディネーターは大企業から中小企業まで需要が高くなっています。

大手では未経験でも採用して育成する企業も多く、他職種と同様に人材コーディネーターも人材不足の職種といえます。

ただし、人材コーディネーターのなかでも少しずつ需要は変わってきます。

たとえば、テレワークの浸透や最新のITサービスを利用した業務効率化などによって、企業における事務系人材の需要が減りつつあり、事務系人材の派遣ビジネスは少しずつ縮小していくと見られます。

産業分野や職種によっては、専門の人材コーディネーターはニーズが減る可能性も考えておくことが必要です。

人材コーディネーターの将来性

今後も労働力不足は長期にわたって続き、企業と人材を結びつける人材コーディネーターの仕事はニーズが継続します。

外国人労働者や障害者、高齢者などを含めたさまざまな人が労働に参加するようになるため、人材を見極めるためのノウハウをもつ人材コーディネーターは引っ張りだこです。

一方でAIを活用したシステムによるマッチングや業務を自動化する多くのサービスにより、人材コーディネーターの仕事は「対人業務」が中心になっていく可能性があります。

すると必要とされる人材コーディネーターの絶対数が減っていくため、地域や特化している業種などによっては、なかなか仕事が見つからない状況も出てくることが懸念されます。

人材コーディネーターとしてのスキルや業界知識、地域における人脈など、AIなどのシステムにはない優位性を強化することが大切です。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

人材コーディネーターの今後の活躍の場

人材コーディネーターは、現在は人材派遣会社や人材紹介会社のための職種です。

したがって、人材コーディネーターとして他の分野で活躍するというよりは、人材コーディネーターとして培ったスキルを武器に、ほかの業界などで活躍する形が基本になるでしょう。

たとえば、人材との面談に強く、労働法規やさまざまな企業の事情にも明るい人材コーディネーターは、企業の人事や人事コンサルティング会社、就職支援サービスなどでの活躍も期待できます。

また、人材コーディネーターとして独立して開業したり、語学ができる人なら海外で人材ビジネスをしたり国内で外国人向けの人材紹介サービスを手掛けたりと、その専門性を生かして活躍する人も多いです。

業務を通して対人コミュニケーション能力や調整能力、各種のビジネスツールを扱う力などが身につくため、高いビジネススキルを武器に多方面での活躍が期待できます。