生産管理の事務の仕事

生産管理のサポート的な役割が中心

生産管理部門を置く製造業などの企業では、「生産管理事務」という職名の求人が出されることがあります。

ただし、生産管理事務といっても、会社によって具体的な仕事内容や与えられる役割は多少異なります。

一般的には、生産管理事務は「生産管理の仕事に関わる事務業務全般」を担当することが多いようです。

たとえば、原材料の発注や仕入れ、生産の進捗管理、在庫管理、販売部門や運送会社といった社内外の関係部署との調整業務、電話対応、各種データ入力、伝票処理などが挙げられます。

工場業務の一連の流れに携われる

生産管理は、工場における生産の進捗管理から出荷まで、その一連の流れをコントロールしていく仕事です。

そこでは、生産計画や実績など、システムやコンピュータを利用したデータ入力などの業務が多く発生し、それらを担当するのが生産管理事務のおもな役割です。

生産管理事務として働くと、ものづくりの動き全体を見て理解することができ、一般的なオフィスワークのスキルはもちろんのこと、社内外との調整も多いために、コミュニケーションスキルが磨けるでしょう。

女性が活躍しやすく、正社員のみならず、契約社員、派遣社員、アルバイト・パートといった形で働く人もいるようです。

生産管理の事務に求められるスキル

生産管理事務になるにあたって求められるスキルとして、ExcelやWordといった基本的なパソコンの操作は必須といえるでしょう。

さらに、伝票処理やデータ入力、ファイリング、ビジネスマナーなど、一般的な事務のスキルがあれば仕事に生かせるでしょう。

また、機械メーカーなら機械メーカーといったように、同じ業種での生産管理事務の経験があると歓迎されることがあります。

さほど高度なスキルは求められないことが多く、未経験者でも採用されることがあるようですが、高い事務処理能力がある人は就職・転職にも有利になりやすいです。