マーケティングの仕事内容・社内の役割とミッション

マーケティングの仕事とは

「マーケティング」とは、市場調査やトレンド分析を行い、製品やサービスを売るための仕組みを考える仕事です。

マーケティングは、大きく分けて「商品」「価格」「プロモーション」「流通」の4つについて考え、商品の売上に結びつける役割を担います。

マーケティングの仕事を行う人を「マーケター」あるいは「マーケティング職」と呼ぶこともあります。

マーケターに求められるスキルは企業によって異なるものの、データにもとづいて提案を行うため、数字に強い人が歓迎されやすいです。

近年では、営業活動において訪問活動をしない「インサイドセールス」が重要になりつつある中、マーケティング部門に寄せられる期待や、企業の成績への影響はさらに大きなものとなっています。

マーケティングの仕事は多忙でもありますが、やりがいと、それに見合った待遇を期待できるでしょう。

マーケティングの具体的な業務の内容

市場調査

市場調査は、商品やサービスの需要があるかどうかを調べたり、また購入者がどのエリアに存在しているのかといった情報を調査したりする仕事です。

マーケティングでは、製品ありきでマーケティングをスタートする「プロダクトアウト」と、市場のニーズを確認してから製品企画に生かす「マーケットイン」の2つの考え方で進行します。

どちらの考え方で進めるかによって、市場調査の内容は異なりますが、どちらの場合も後に続くマーケティング活動において重要な活動です。

マーケティング企画立案

マーケティング企画立案の仕事では、市場調査の結果を整理し、マーケティングの企画を立てていきます。

企業が売上を立てていくために、マーケターたちは情報を整理して、決められた期間の中で具体的な企画を作るために日々忙しく、夜遅くまで働いているケースも少なくありません。

マーケティング企画は直感ではなく、データをもとにした論理的な提案が求められるため、資料作りもしっかり行う必要があります。

企画の実施

立てた企画が採用されたら、関係者に通知し、その実施をマネジメントします。

人手が足りない場合には現場を手伝ったり、現場の報告をもとにさまざまな調整を行ったりします。

成果の調査

マーケティング活動が実際に行われたら、どのような成果が出たかを記録し、次回以降につなげていきます。

期待した成果になっていればその成功要因を、期待に届かなかった場合にはその原因を考えて報告書にまとめます。

マーケティングの社内での役割・ミッション

マーケティング部門は企業の販売戦略を立てる部署でもあり、事業成績に大きく影響を与えます。

そのため、マーケティング部門は社内でも花形といわれるポジションのひとつです。

マーケティングを適切に行うためには、社内外からしっかりと情報を集めることが必要になるため、部門を超えたコミュニケーションも多くなりますので、自然に社内の潤滑油としての役割も担います。

マーケティング部門の役割は、企業や製品・サービスをブランディングしたり適切な販路を開拓したりして、売れやすい状態を作ることです。

そのために、顧客や自社の特徴をしっかり理解し、有効なアピールを考えていく必要があります。

また、自社の価値や顧客にとっての価値を明らかにし、それをノウハウとして販売や広告に生かしていくのも大切な役割です。

マーケティング部門がしっかりしている企業は、年を重ねるごとにノウハウが蓄積され、成績が順調に伸びていくでしょう。

マーケティングの業界による仕事の違い

マーケティングは扱う範囲が非常に広いため、業界や企業によってその仕事内容も異なります。

たとえば、メーカーのマーケティング部門であれば、製品企画のための市場調査と販売促進のための市場調査は別になっていることも多いです。

また、マーケティング部門が営業部門と一緒になっているケースも、規模の小さい企業では多く見られます。

企業によっては、広告出稿などを広報部門ではなくマーケティング部門が扱うことも多く、マーケティングと広報が協力しながら仕事を進めるケースも多いです。

Webマーケティングの会社では、顧客向けにWebサイトやWebサービスのアクセス数や流入経路などの情報をまとめ、より効果的な運用ができるように資料を作成します。

マーケティングは営業や小売とは違い、商品の販売に直接関わることは少なく、営業しやすくなるようにサポートや環境作りを行っていきます。

マーケティングと関連した職種

マーケティングと商品企画の違い

企業で商品開発の際に、どのような商品を作るかといった企画を行うのが商品企画です。

マーケティングは、そのために必要な情報を集めたりアイデアを出したりといったことを行いますが、企業によっては一緒になっていることも珍しくありません。

マーケティングの場合、商品を企画して終わりではなく、その後の販売促進や結果分析なども行います。

商品企画の仕事

マーケティングと広報の違い

企業の活動を外部向けにアピールするのが広報の仕事です。

マーケティングでも広報と同じような仕事をするときもありますが、基本的にマーケティングは企業の製品・サービスの販売促進のための活動です。

対して、広報は企業や製品の認知度を高めたり、顧客や株主といった関係者とのコミュニケーションを行ったりするための活動が中心になります。

広報の仕事