知財の1日

デスクワークも人とのやりとりも多い

知財の1日の過ごし方は、勤務先や担当業務によって変わってくるといえるでしょう。

ただし、その特徴としては、書類作成などのデスクワークも、研究開発部門の社員などとコミュニケーションをとることも、どちらも多い仕事だということです。

また、知財業務の内容は、技術や法律に関する専門的なものもたくさんあるため、日頃から勉強をして新しい知識を身につけたり、情報を調べたりすること不可欠です。

ここでは、日々忙しく働く知財担当者のある1日を追ってみましょう。

大手企業で働く知財のある1日

8:30 出社

同僚に挨拶をしてからパソコンを立ち上げ、当日のスケジュールとタスクを確認します。

9:00 部内会議

業務の進捗状況について、部内全体で報告・共有します。

10:00 技術者と打ち合わせ

発明者である社内の技術者から開発に関する話を聞き、新しい特許の取得を目指しての打ち合わせを進めます。

12:00 休憩

リフレッシュをかねて外に食べに行くことが多いですが、忙しい日はおにぎりなどをデスクで食べることも。

13:00 書類作成

特許出願に必要な発明届出書を作成します。間違いが許されないため、慎重に進めます。

15;00 特許事務所とやりとり

担当の弁理士と電話で、特許出願に必要な書類内容についての確認を行います。

16:30 外国出願用の原稿チェック

最近では外国特許の案件も増えており、英文資料を読まなくてはならないことも。わからない内容は上司に確認します。

18:00 情報収集

空いた時間には文献を読んだりインターネットを使って、知的財産に関する最新情報を入手します。

18:30 退社

キリのいいところで仕事を片付けて帰宅します。