人材コーディネーターへの転職、未経験採用

「経験不問」の求人も多数

人材コーディネータ―の仕事は難しいと思われがちですが、実際には転職希望者かつ未経験者を対象とした求人も多数出ています。

実務上必要となる知識は入社後の研修等を通じて身につけることができるため、転職の採用試験では、何よりも人材コーディネータ―としての適性があるかどうかが重視される傾向にあるようです。

人との関わり合いを大事にすることができ、どのような人とも良好なコミュニケーションをとっていけるタイプの人は、未経験でも採用される可能性は十分にあるといえます。

また、人と人の間に立って交渉をすることが得意であったり、裏方で人をサポートしてきた経験が豊富な人も、人材コーディネータ―としての適性があるといえます。

一般に、転職は若ければ若いほうが有利といわれがちですが、人材コーディネーターのように多様な価値観を持つ求職者と接する必要がある仕事では、むしろある程度の社会人経験を積んでいる人のほうが歓迎されることもあります。

有利になる資格やスキルは?

人材コーディネータ―として転職する際、前職で営業や接客など、対人関係の仕事をしていた人は、プラスに評価されることが多いようです。

特別、この資格を持っていると有利というものはありませんが、基礎的なパソコンのスキル(WordやExcelを問題なく使えること)は業務でも役立ちます。

また、電話やメールを使ってスタッフと連絡をとることが多いため、しっかりとしたビジネスマナーを身につけているに越したことはありません。

もし、医療系やIT系など特定の業種の人材会社に勤務する場合には、それに関連する業界知識があると優遇されるでしょう。

採用試験の注意点

人材コーディネータ―の試験では、「人となり」が何よりも重視される傾向にあります。

そのため、面接では親しみやすく、礼儀正しく、清潔感のある雰囲気を出せるようにしたいものです。

また、人材コーディネータ―はさまざまな人と接する仕事柄、ストレスが溜まりやすい仕事といわれるため、精神的にタフで明るい人柄もアピールできるように意識するとよいでしょう。

人材コーディネータ―への転職を考えている場合は、人材業界の求人が豊富な転職エージェントを利用を検討しましょう。

人材コーディネーターの求人を多数取り扱うリクルートエージェントでは、面接対策など専任の担当者による手厚いサポートが受けることも可能なので、まずは気軽に相談してみてください。