人材コーディネーターへの転職・未経験採用はある?

人材コーディネータへの転職状況は?

人材コーディネータ―の仕事は、経験がないと難しいと思われがちですが、意外にも未経験からの転職も多いです。

実務上必要な知識は入社後に身につけることができますし、転職の場合は、人材コーディネータ―としての「適性」が重視される傾向があります。

コミュニケーション能力が高く、就職を希望する会社でサービスを提供している業界について知識のがあれば、未経験でも採用される可能性は十分にあるといえます。

また、交渉や調整が得意な人や、人材の教育や各種のマネジメントに携わったことがある人も人材コーディネータ―への適応がスムーズなため、適性は高いといえるでしょう。

一般的に転職は若い人のほうが有利ですが、人材コーディネータは多様な価値観をもつ求職者と接するため、会社の状況によってはある程度の社会人経験を積んだ人が歓迎される場合もあります。

人材コーディネータへの転職の志望動機で多いものは?

人材コーディネータへ転職する人は、人材サービス業に興味を持っている人や、自分の強みを生かしたいといった人が多いです。

また、自身が人材サービスを利用した経験から、人材コーディネータという仕事に興味を持つこともあります。

契約社員の場合は、家庭と仕事を両立したいなどの理由も多く見られます。

志望動機を考える際は、こうした職種への動機だけではなく、その企業を選んだ理由を述べることも必要です。

人材コーディネーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験から人材コーディネータに転職する場合の志望動機例文

「私が貴社を志望したのは、就職で苦労している人の力になりたいと思ったからです。

私も昔、新卒就活に失敗してしまい、仕事に就くのが難しい時期がありました。

その際には、お世話になっていた人材コーディネータの方が、私のキャリアに対する考え方を上手に聞き出してくれ、また段階を踏んで仕事を調整してくださって、3年後には正社員としての就職が実現しました。

この過程は社会人としての考えを作り、社会経験を積み、スキルを磨く期間となり、人生の大きな転機となったと実感しています。

この経験から、今度は私が、仕事のマッチングを通して誰かの人生の転機に貢献したいと考えるようになりました。

貴社は第二新卒の派遣に注力していて私のやりたい分野と一致していますし、実体験から人材に寄り添った支援ができると思いますので、ぜひ貴社で人材コーディネータとして勤めたく存じます。」

未経験・社会人から人材コーディネータになるには

未経験から自在コーディネータになる場合、求人サイトなどから企業に応募して採用試験を受けることになります。

特殊な学歴や資格、職歴が求められることは一部の専門特化された人材サービスを除けばありませんので、探してみると多くの求人を見つけることができるでしょう。

人材コーディネータの仕事は雇用形態や報酬、休日などがさまざまで、本当に自分に合ったものを探すには自己分析をしっかり行っておく必要があります。

採用試験は書類審査や筆記試験、面接で行われることが多く、とくに面接が重視されます。

試験や面接を担当するのはまさに人材のプロであるため、身だしなみやビジネスマナー、想定問答などをしっかり準備して臨みましょう。

人材コーディネータへの転職に役立つ職務経験は?

人材コーディネータへの転職では、接客業や教育サービス業など、人と接して話す、教える仕事の経験があると役立ちます。

しかし、基本的に有利というほど採用時の評価に影響することはなく、あくまで実務で役立つことが多いという程度です。

また、ITエンジニア専門の人材サービス会社などでは、実際にエンジニアとしてIT業界で勤めていた人が優遇されることがあります。

これは専門性の高い分野で、スキルの高低や分野などが非ITの人だとわかりにくいため、専門的な知識を持っている人はマッチングの精度に優れると考えられるからです。

同様に医療分野や福祉分野など、専門特化した形の人材サービス会社なら、その業界の勤務経験が評価されるでしょう。

人材コーディネータへの転職面接で気をつけるべきことは?

人材コーディネータの転職面接でも、特別な質問はほとんどありません。

前職の退職理由や、志望動機、自己PRといった一般的な質問に加え、会社側で用意した質問に答えるくらいです。

しかし、こうした質問に対して、どのような答え方をするのか、表情や仕草などは厳しく見られています。

人材コーディネータはスタッフと面談する際、安心して話ができるような雰囲気が求められるため、柔和な態度を崩さない、想定外の質問にも焦らない、話に熱中して早口になったりしない、などはとくに意識しておくことが重要です。

服装や髪型もしっかり整え、基本的なビジネスマナーは確認しておく方がよいでしょう。

人材コーディネータに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

人材コーディネータには年齢制限はありません。

ただし、未経験の場合は、仕事を覚える必要があるため、若い人が好まれる傾向があります。

基本的には未経験なら30歳くらいまでに転職を考えておいたほうがよいでしょう。

しかし、多様な人材と話をする必要があることから、会社によっては採用する人材についてある程度の年齢を想定していることもあります。

また、未経験でも、対人コミュニケーション能力の高い人や業界知識のある人は、年齢に関係なく採用されることも多いです。

会社によって方針はさまざまであるため、複数の企業の採用試験を受けてみることも大切です。

人材コーディネータ―への転職を考えている場合は、人材業界の求人が豊富な転職エージェントを利用を検討しましょう。

人材コーディネーターの求人を多数取り扱うリクルートエージェントでは、面接対策など専任の担当者による手厚いサポートが受けることも可能なので、まずは気軽に相談してみてください。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。