品質保証への転職・未経験採用はある?

品質保証への転職状況は?

近年は、食品の異物混入や家電製品の不具合、自動車のリコール(無償修理対応)などが相次いでいることもあって、消費者の品質に対する意識が高まっています。

こうした環境に対応すべく、メーカー各社は消費者の信頼獲得につなげるために、品質保証部門を強化する動きを活発化させています。

品質保証部門の拡充に伴って、品質保証の中途採用も増えており、転職市場は活況といえる状況です。

採用条件も豊富で、品質保証業務の経験者に限定する求人もあれば、もう少し広く、生産管理などの技術系職種経験があればOKという求人、さらには、メーカー勤務であれば事務職でもOKという求人もあります。

なかには、まったくの未経験でもやる気さえあれば採用するという企業もありますので、品質保証に転職したい人にとっては、非常にチャンスが大きくなっているといえるでしょう。

品質保証への転職の志望動機で多いものは?

品質保証への転職の志望動機で多いのは、これまでのものづくりに関するキャリアを生かしつつ、別の仕事がしたいというものです。

品質保証の業務範囲は幅広く、「品質を一定水準以上に保つ」という観点で、企画段階から設計、製造、保管、出荷、販売後の顧客対応まで、ありとあらゆる工程にたずさわります。

このため、メーカー勤務であれば、どんな職種であっても、それまでの経験を生かして転職しやすいというメリットがあります。

仕事内容や給料面、人間関係、勤務体系、人事評価、勤務地など、現在の職場に対して何らかの不満や問題を抱える人が、品質保証として別のメーカーに移るケースがよく見られます。

品質保証の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人から品質保証になるには

品質保証の中途採用のなかには、未経験者歓迎の求人も一部あります。

このため、就職先や仕事内容にそこまでこだわらないのであれば、未経験・社会人からいきなり品質保証になることも可能です。

ただし、職務としては未経験でも、一般的にはある程度の理系の専門知識が求められます。

理系学部の卒業生ならまだしも、文系出身者や大卒者以外については、専門用語が飛び交う現場でいきなり働くのは、かなり難易度が高いかもしれません。

できる限り研修制度が充実しているところを選ぶなど、就職先の「見極め」が非常に重要になるでしょう。

あまり急ぎすぎると、手に負えなくてすぐ辞める、つまり「転職失敗」という事態にもなりかねませんので、慎重に考えるべきです。

希望する就職先が見つからない場合は、一旦は工場の「製造スタッフ」や「設計補助」などとして働き、知識と現場経験を積んでから、あらためて品質保証の転職活動を行うという道もあります。

品質保証への転職面接で気をつけるべきことは?

品質保証への転職面接で気をつけるべきなのは、対人能力が高いことをアピールしなければならないということです。

製造業の仕事のなかには、研究職や開発職、現場の製造スタッフのように、一人で黙々と作業するタイプの職種もあります。

しかし、品質保証はそれらとはちょうど対局にあり、さまざまな部署の協力を仰ぎながら仕事を進めていかなければなりません。

「製造現場で働く専門職だから口下手でも大丈夫」と考えるのは大間違いです。

明るい態度と表情、分かりやすい言葉と聞こえやすい声の大きさを意識して、コミュニケーション能力の高さをアピールしましょう。

また、実務レベルで「何ができるのか」を示すために、前職の仕事内容については「職務経歴書」などにまとめて、面接官からの質問に簡潔に答えられるられるよう準備しておきましょう。

無料オンラインセミナーのお知らせ
超初心者でもできる 人生100年時代に向けた賢いお金の持ち方・増やし方 オンライン開催 2022年10月27日木曜日 20時から21時まで 参加無料 ファイナンシャルプランナー 虫鹿恭正(むしか やすまさ) 主催:アクサ生命保険株式会社
セミナー内容
  • つみたてNISAとiDeCoの違い
  • 変額保険、投資信託のメリット・デメリット など

品質保証に転職可能な年齢は何歳くらいまで?

品質保証に転職可能な年齢は、それまでの職歴によって異なります。

製造業に関するキャリアが一切ないという、まったくのものづくり未経験者については、およそ30歳くらいが上限となります。

たとえば機械の製造工場で働いていたエンジニアが家電メーカーの品質保証になるなど、ある程度関連する職歴がある場合は、もう少し上、35歳くらいまではチャンスがあるでしょう。

品質保証の実務経験者については、スキルにもよりますが、近年の人手不足の状況を勘案すれば、40代でも転職することは難しくないでしょう。

とくに、ISO(国際標準化機構)認証についての実務キャリアがあれば、どの業界でも引く手あまたですので、何歳になっても転職先に困ることはないといえます。

未経験から品質保証に転職する際の志望動機

まったくの未経験から品質保証に転職する際の志望動機については、「安全・安心」というキーワードを念頭に置いて作成してみるとよいでしょう。

品質保証の業務は多岐にわたりますが、その目的は消費者の安全を守ることです。

それが自社のブランドイメージを守ることにつながり、引いては自社の利益と継続的成長につながります。

そのような組織における役割について述べ、「重要な仕事を手掛けたい」「やりがいと責任のある仕事がしたい」とすると、説得力ある志望動機をつくりやすいでしょう。

たとえ業務に関する経験がなくても、使ったことのある商品について、「消費者としての目線」から品質保証について述べることは、そこまで難しくはないはずです。