人を喜ばせて、笑顔が見れる仕事の種類(22選)

せっかく社会で働くのであれば、自分の仕事で誰かを喜ばせたい。

そんな思いを抱いている人は多いのではないでしょうか。

この世の中には、人を笑顔にすることができる仕事がたくさんあります。

お笑い芸人やアイドルのように、楽しいステージを作り出す仕事。

ウエディングプランナーやツアーコンダクターのように、特別な一日を演出する仕事。

シェフやパティシエのように、美味しい料理やお菓子を届ける仕事。

どの仕事も、お客さんが喜ぶ姿を見られることが何よりのやりがいとなるでしょう。

ステージを通して人を喜ばせる仕事

まずは、エンターテインメントの王道であるステージを通して人を喜ばせる仕事から見ていきましょう。

お客さんを笑わせるスペシャリストともいえるのは、「お笑い芸人」です。

コントや漫才、ものまねなどのネタを披露することで、見ている人たちに楽しい時間を届けます。

落語家」も笑わせるのが仕事であり、寄席と呼ばれる興行小屋を中心に活動しています。

一方、歌やダンスなどのパフォーマンスでファンを笑顔にするのは「アイドル」です。

音楽の力でステージを盛り上げる「ミュージシャン」もいます。

アイドルやミュージシャンのコンサートではたくさんの声援と拍手が送られます。

音楽とともにヒップホップやジャズダンスなど、さまざまな一流のダンスを見せる「ダンサー」も人気の職業です。
観客が喜ぶ姿を目の前で見ることができるのが、彼らにとっても大きなモチベーションになっています。

この他にも、ステージでとっておきの一芸を披露することで観客を笑顔にする人たちがいます。

ジャグリングやバルーンアートをする「大道芸人」、マジックをする「マジシャン」、曲芸をする「サーカス団員」です。

客席には子どもも多く、ひとつひとつの芸やトリックが成功するたびに大きな歓声があがります。

人を喜ばせて笑顔を見たいという人にとって、幸せを感じられる最高の仕事といえるでしょう。

お笑い芸人

お笑い芸人

お笑い芸人は、コント・漫才、ものまねなどのネタを披露して人々を笑わせる仕事です。

テレビやラジオ・雑誌・インターネット、舞台など、さまざまな場所で活躍できる可能性があります。

東京や大阪などの大都市にはお笑い専用の劇場があり、多くの芸人たちがステージに立っています。

劇場での公演は観客との距離が近く、笑い声や拍手などの反応をダイレクトに感じられるのが醍醐味です。

アイドル

アイドル

アイドルとは、芸能界を中心に活躍し、歌やダンス、トークなどを通してたくさんのファンや観客を魅了し、人々に笑顔や元気を与える存在です。

活躍の場は、テレビや映画などメディアから、グラビアや雑誌の撮影、ライブやコンサートなど多岐にわたります。

アイドルの多くは若い女性ですが、ジャニーズ事務所所属など、一部の男性芸能人もアイドルと呼ばれています。

容姿やキャラクター、歌やダンスの才能、ユニークな個性などを生かし、熱心なファンを獲得することが求められる仕事です。

ミュージシャン

ミュージシャン

ミュージシャンとは、楽器を演奏したり歌を歌ったりする人のことです。

一般的にはクラシックではなくてロックやポップスなどの大衆音楽の演奏家のことをこう呼びます。

ライブハウスやコンサートなど、それぞれの音楽性に合わせたステージで演奏をします。

人気商売なので収入は不安定ではありますが、音楽を通してたくさんの人たちに幸せを届けることができるでしょう。

ダンサー

ダンサー

ダンサーとは、自分の身体を使ってダンスステップやパフォーマンスを披露し、観客に感動を与える仕事です。

クラシックバレエ、モダンダンス、ストリート系ダンス、社交ダンス、ミュージカルなど、さまざまな種類があり、それぞれで動きが異なります。

ダンサーはテーマパークやクラブイベント、アーティストのライブなどで活躍し、踊りで観客を盛り上げます。

劇団・事務所などに所属するほか、フリーランスで働く人も多く、仕事を得るにはオーディションを受けなければなりません。

大道芸人

大道芸人

大道芸人は、観客にさまざまな芸を見せて観客を喜ばせる仕事です。

路上や街頭などで行うことが多いですが、イベント会場やテーマパークのステージで公演する機会もあります。

内容はバルーンアート、クラウン(ピエロ)、ジャグリング、パントマイム、舞踏、音楽、マジックなど多種多様です。

芸やパフォーマンスが上手なだけではなく、観客を巻き込んで喜ばせることができる才能も求められます。

マジシャン

マジシャン

マジシャンとは、マジック(奇術・手品)を披露し、お客さまを楽しませる人です。

ショーやイベントなどでさまざまなマジックを演じて、お客さまにワクワクや驚き、感動などを与えます。

カードやコインなどの道具を使ったものから、ステージ上での大がかりな装置を使ったものまで、さまざまなマジックがあります。

マジックの実力だけではなく、トークでショーを盛り上げることができるパフォーマンス力や、仕事を広げるための営業力も重要です。

旅行を通して人を喜ばせる仕事

次に、テーマパークやホテル、旅館などで働く旅行を通して人を喜ばせる仕事について見てみましょう。

大学生の卒業旅行や夫婦の新婚旅行、子どもや両親と行く家族旅行。

多くの人にとって、旅行というのは特別な思い出となります。

そんな旅行でお客さまの笑顔を引き出すために、たくさんのスペシャリストが活躍しています。

遊園地や水族館などのテーマパークで働くのは「テーマパークスタッフ」です。

キャラクターによるショーが行われる場合、こうしたショーでパフォーマンスを行うこともあります。

まさに、夢を売る仕事であり、子どもたちのたくさんの笑顔を見ることができるのが魅力です。

パック旅行や団体旅行に同行して案内役をするのは「ツアーコンダクター」です。

団体客が貸し切りバスで移動や観光をする場合は、「バスガイド」がつくこともあります。

また、ホテルや旅館に宿泊すると、「コンシェルジュ」や「仲居」が宿泊客をもてなします。

周辺の観光地や飲食店の場所を教えたり、観光タクシーやレジャーチケットの手配をしたり、最寄りの駅まで送迎をしたりするのです。

どの職種も、お客さまの旅行を素晴らしいものにするために精一杯のおもてなしをするのが使命です。

人を喜ばせたい、楽しませたい、感動させたい、という思いがある人にうってつけの仕事といえるでしょう。

テーマパークスタッフ

テーマパークスタッフ

テーマパークスタッフとは、アトラクションやショー、展示物などで人々を楽しませる「テーマパーク」に勤務する人のことを指しています。

来園者が快適に、楽しい時間を過ごせるように、アトラクションの受付や誘導、案内、店舗での販売、飲食の提供、清掃など、園内のあらゆる業務を担当します。

テーマパークは家族連れも多く、夢と笑顔があふれる空間にすることが大切です。

ホスピタリティ精神や明るい笑顔、人当たりのよさなどが必要とされます。

ツアーコンダクター

ツアーコンダクター

ツアーコンダクター(旅行添乗員)とは、パック旅行や団体旅行に同行し、各種手続きを行ったり、案内をしたりする仕事です。

添乗するツアーが決まると、打ち合わせや下調べなどの事前準備を行います。

ツアーへの同行中は24時間仕事のようなものであり、次の目的地への準備や、ツアー客の要望への応対など、常に何かをしている状態であるため、休む暇はありません。

しかし、お客さんが旅を楽しむ姿を目の前で見ることができますし、自分自身もさまざまな観光地に行けるため、やりがいの多い仕事です。

バスガイド

バスガイド

バスガイドは、観光バスや貸切バスに乗車し、ツアーに参加するお客さまが楽しく快適な旅を楽しんでいただけるよう、さまざまなサポートをする仕事です。

バス内では車窓から見える景色を案内したり、観光地の情報を提供したり、ご当地ソングを歌ったりしながら雰囲気を盛り上げます。

また、バス発車時の安全確認や車内点検など、運転手の安全運行をサポートすることも大事な役目。

観光地に関する膨大な知識を身に付ける苦労もありますが、自分のガイドでお客さまを喜ばせることができたときは、大きな達成感を味わえます。

コンシェルジュ

コンシェルジュ

コンシェルジュとは、ホテルで活躍する職業で、お客さまのさまざまなリクエストに応える「案内係」のことをいいます。

お客さまの要望は、観光案内やチケットの手配、レストランの予約など多岐にわたります。

ホテル以外に、最近では百貨店や高級マンション、病院、駅、レストランなどでもコンシェルジュが活躍できることがあります。

よいサービスが提供できれば、たくさんの笑顔や感謝の言葉をいただくやりがいを感じられるでしょう。

仲居

仲居

仲居とは、旅館滞在中のお客さまに対し、「おもてなし」の心をもって質の高い接客サービスを提供する女性のことです。

かつての仲居とは、料亭なども含めた客商売の場で給仕・接待する女性を指していましたが、現代は旅館で働く人がほとんどです。

若い人の活躍はもちろん、美しい所作やマナー、ホスピタリティを身につければ年齢関係なく働くことができる仕事です。

おもてなしに感動した宿泊客がリピーターになってくれたときは、何よりも誇らしく感じることができます。

結婚式を演出して人を喜ばせる仕事

次に、多くの人にとって人生で最も幸せなイベントのひとつとなる結婚式の演出をする仕事を見てみましょう。

結婚式というのは、新しい家族の門出を祝うための特別な儀式です。

新郎や新婦にとって忘れられない時間にするために、たくさんのスタッフが奮闘しています。

有名なのは、「ウエディングプランナー」ではないでしょうか。

式場やレストランに務めており、新郎・新婦の好みや要望を取り入れながら、人生の思い出に残る結婚式をプロデュースします。

ウエディングプランナーの演出を手助けするのが、それぞれの専門技能を持つスタッフたちになります。

会場のフラワーアレンジをしたり、新婦のためのブーケを作ったりするのは、「フラワーコーディネーター」です。

式当日、美しい花嫁となるための手助けをするのは「美容師」や「ネイリスト」です。

ドレスやブーケの色合いを見ながら、それぞれの花嫁に一番似合う髪形やメイク、ネイルになるように仕上げていきます。

新郎新婦や家族、招待客の喜びの表情をカメラで撮影するのは、「カメラマン」です。

結婚式の写真は一生の宝物とする人も多いので、まさに責任重大な仕事といえるでしょう。

結婚式は決して失敗が許されないイベントなので、こうした仕事にはプレッシャーがつきものです。

しかし、幸せな涙と笑顔であふれる空間で働くことができるため、言葉にできないほどのやりがいがあります。

ウエディングプランナー

ウエディングプランナー

ウエディングプランナーとは、結婚式を挙げたいと考える新郎新婦に対し、結婚式の企画をおこなって、プロデュースする仕事です。

結婚式を検討しているお客さまに提案をし、何度も打ち合わせを重ねながら、理想の式をつくりあげていきます。

勤務先はホテルや結婚式場のほか、小さな結婚式を開催するゲストハウスやレストランなど多彩です。

お客さまへの気配り、ホスピタリティが求められる一方、提案力や営業力などのビジネススキルも求められる仕事です。

フラワーコーディネーター

フラワーコーディネーター

若い女性を中心に人気を集めるフラワーコーディネーターは、結婚式やお葬式、レストランで開かれるパーティーなど、特別なシーンを美しい花で演出する職業です。

クライアントの希望や予算をヒアリングしながら、色合いや花の大きさ、花言葉などを考慮した上で最適な花をセレクトします。

植物に関する幅広い知識や抜群の色彩感覚、クライアントに対する細やかな気配りが求められます。

花屋や園芸ショップなどで働きながら、多くの案件に携わり経験を積むことが大切です。

美容師

美容師

美容師は、髪のカット、カラー、セット、シャンプーブロー、パーマなどの施術をし、お客さまに喜んでもらえるヘアスタイルを創り上げる仕事です。

また、職場によってはヘアスタイルに関することだけでなく、ネイル、メイクや着付けなどを行うこともあります。

美容師として働くためには、国家資格である「美容師免許」が必要です。

メイクアップアーティストや着付け師などの勉強をして、業務の幅を広げる人もいます。

ネイリスト

ネイリスト

ネイリストは、「ネイルケア」や「ネイルアート」などの施術を通して、お客さまの爪と手を美しくする仕事をします。

ネイルケアでは、爪の形を整えたり、爪磨き、甘皮処理などを行います。

ネイルアートは、つけ爪や爪にカラーやストーンなどの装飾をすることをいい、ジェルやスカルプチャなど、さまざまな手法があります。

ネイルサロンを中心に、美容室やエステサロン、ブライダルサロンなどで活躍します。

カメラマン

カメラマン

カメラマンとは、報道、芸能、広告などの分野において、目的に応じた写真を撮影する人のことです。

カメラマンになる一般的な方法は、写真の専門学校やカメラマン養成スクールで撮影の基本的な知識・技術を身につけ、卒業後、写真スタジオに勤務することです。

アシスタントとして何年も経験を重ね、自分ならではの写真が撮れるようになると、独立への道が見えてきます。

結婚式場と契約して、専属のカメラマンとして働いている人もいます。

料理で人を喜ばせる仕事

旅行や結婚式は特別な思い出となりますが、日常のなかにも人々が特別な幸せを感じられる瞬間があります。

それは、美味しいご飯やお菓子を食べたときです。

ここからは、料理で人を喜ばせる仕事についてご紹介しましょう。

フレンチやイタリアン、中華など、さまざまなレストランで腕をふるうのは「シェフ」です。

レシピの考案からメニューの構成、実際の調理まで全て責任を持って行います。

日本料理の料理人の場合はシェフという名称は使わず、「板前」と呼ばれます。

また、料理ではなくてケーキやクッキー、大福や羊羹などのお菓子を作るプロもいます。

洋菓子の場合は「パティシエ」で、和菓子の場合は「和菓子職人」です。

どの仕事も、優れた味覚と確かな技術が必要とされる仕事であることは間違いありません。

食の仕事で一人前になるには長い修行期間が必要ですが、そのぶんアイデア次第でどんなレシピも作り出せるという面白さがあります。

自分の料理で誰かを笑顔にしたいという夢を持つ人にとっては、何よりも幸せを感じられる仕事です。

シェフ

シェフ

厨房での全責任を負う、調理の指揮官のような役割を担っているのがシェフです。

調理をするだけではなく、メニューの構成、食材の調達など多くの仕事を担当します。

オリジナリティを出しながらも、価値のあるメニューを作る必要があるといえるでしょう。

美味しい料理は人を幸せにすることができるので、料理好きな人にとってはやりがいを感じやすい仕事です。

板前

板前

板前とは、料亭や割烹、日本料理店などで、懐石料理などの日本料理を作るプロの料理人です。

素材選びにはじまり、繊細な調理技術や美しい盛り付けなど、知識と技を要する仕事です。

最初は「追い回し」と呼ばれる雑用からスタートし、最低でも2〜3年、長ければ10年以上の修業を積み、ようやく一人前の板前になれます。

体力や精神力を要し、休日も少ない厳しい仕事ですが、腕が上がれば独立して自分の店を持ったり、料理を通じてたくさんの人を喜ばせることができます。

パティシエ

パティシエ

パティシエとは、洋菓子店やレストラン、ホテルなどにおいて、ケーキやデザートなどの洋菓子を作る職人です。

子どもから大人まで、美味しいお菓子を通してたくさんの人を笑顔にすることができます。

新しいお菓子を開発するだけではなく、同じ商品を、同じ味でいくつも作り続ける確かな知識と技術が求められます。

下積み期間は必要ですが、独立して自分の店を持つという夢を叶えることもできるでしょう。

和菓子職人

和菓子職人

和菓子職人は、日本の伝統的な菓子である和菓子をつくる職業です。

和菓子は大きく「生菓子」と「干菓子」に分けられ、「蒸す」「焼く」「練る」などの技法を駆使して作られます。

こうした和菓子作りの技術を習得するだけではなく、和菓子に関する食材の知識も欠かせません。

和菓子は茶道とともに発展してきた歴史を持つため、繊細な季節感をとても大切にし、芸術的な要素もあります。

材料の品質や特性を見分ける力や手先の器用さとともに、美的感覚も要求されますし、日本の伝統文化の一翼を担っているという誇りを持つことも必要です。

お笑いや音楽、マジックやダンス、接客や料理。

自分の得意なことを生かして誰かを喜ばせることができるのは、何よりも幸せなことです。

お客さんの笑顔を見ることができたとき、あなた自身もきっと笑顔になることができるでしょう。

目的別サービス紹介

すべて完全無料ですので、ぜひ会員登録してみてください。

・大学・専門学校の資料請求なら:スタディサプリ進路

・転職エージェントなら:リクルートエージェント

・20代の転職なら:マイナビジョブ20s

・IT業界の転職(未経験からでもOK):マイナビITエージェント