海外営業への転職、未経験採用

海外営業への転職は難しい?

一般的な営業職は、メーカーなどの多くの企業で求められていますが、海外営業については、転職することはやや難しいといわれています。

それというのも、海外営業は異文化の人たちとの間でビジネスを進めていくことが求められる仕事であり、高い語学力やコミュニケーション能力、判断力など、さまざまなスキルが要求されてくるからです。

仕事を成功させるには経験値が必要になる場面も多く、個々の経験・スキルが国内営業以上に表れやすい仕事と考えられています。

ただし、転職の求人がまったくないわけではなく、実力がある海外営業は多くの企業で求められています。

国内でも、海外へビジネスフィールドを広げる企業は増えているため、チャンスは決して少なくないといえるでしょう。

未経験から転職するには

多くの場合、転職者向けの海外営業の求人は「経験者」を対象とするものになっているようです。

しかし、20代後半くらいまでであれば、育成を前提として未経験者を採用する企業もある程度存在します。

また、最近では第二新卒枠での採用を行う企業も増えています。

年齢が上がるほど経験やスキルが求められることが増えてくるため、未経験から海外営業になりたいのであれば、できるだけ若いうちに挑戦することをおすすめします。

有利に転職するには

海外営業は実務経験が評価されることが多いですが、それ以外に自分でできることとして、英語の勉強をしてTOEICのスコアを上げておくといった努力をしておくとよいでしょう。

なお、海外営業経験はなくても、国内営業として実績を残していたり、志望先の業界知識や人脈を持っている人は評価されることがあります。

なお、企業によっては、海外営業は現時点での知識やスキルよりも、人柄を重視した採用を行っています。

バイタリティにあふれ、自分から積極的に行動したり、どのような人とも明るく会話できるような人は、転職の場でもプラスに評価されやすいようです。

海外営業の求人は大手転職エージェントに登録しておくことで、希望条件に合ったものをまとめて紹介してもらうことが可能です。

高待遇の海外営業の求人も多数保有しているリクルートエージェントを利用すると、専任の担当者による手厚いサポートが受けることができますので、まずは相談してみることよいでしょう。