一般事務になるためにはどんな学校にいけばいい?(大学・専門学校・短大)

一般事務になるための学校の種類

一般事務になるために、特定の学部や学科を履修し、特定の国家資格を有する必要はありません。

就職先によって求められる知識・スキルは異なりますが、基本的にスキルや経験なしでもこなせる仕事です。

例えば高校の普通科を卒業し、そのまま一般企業の一般事務の仕事を問題なくしていることも珍しくありません。

ただし、一般事務になるための専門学校や通信講座があることも事実です。

一般事務として求められる知識や実務経験を積む方法としては、一般事務に特化した教育を受けるのも選択肢の1つとなります。

留学する必要は基本的にありませんが、外資系企業に一般事務として就職するのであれば外国語能力が、そうでなくてもコミュニケーション能力を養うという意味でも一定の意味はあるといえます。

一般事務になるには

一般事務になるための大学

一般事務になるために、特定の学部・学科を卒業する必要は基本的にありません。

一般的な4年制大学であれば、一般事務として就職するのに差し支えることはないでしょう。

また、「大学を卒業する」こと自体が、就職に有利に働く可能性もあります。

主に大企業に見られる傾向にありますが、一般事務の求人の中にはその要件として「大卒以上」を条件としているところがあるからです。

高卒で一般事務を目指す場合、高卒以上を要件としている職場のみが選択肢となってしまいます。

そのため、大卒以上で募集をかけている企業への就職の足掛かりとして、自分が卒業できるレベルの大学であるということは、ある意味で重要なポイントになるかもしれません。

一般事務になるための専門学校

専門学校の中には、一般事務を目指す人のための学科やコースを用意している専門学校があります。

「事務職専攻」「事務職コース」などの名称で、一般事務として働くために必要な知識やスキルを身につけることができます。

また、一般事務の他にも「営業事務」「経理事務」など、関連する事務系の職種への道も開かれます。

一般事務向けの専門学校では、一般事務の就職や職務遂行に役立つ資格の取得を目指すことも多いです。

なお、教育課程が2年制であれば、4年制大学よりも早く社会に出ることができる点もメリットとなります。

一方で学費については学校や学科、コースによって大きな開きがありますので、よく調べる必要があります。

一般事務になるためのスクール

一般事務向けのスクール(資格取得などを目的とした民間スクール)を受講するという選択肢もあります。

特に、在学中の大学が一般事務向けに特化した講義等を利用できない場合、必要な知識・スキルを民間スクールで習得するという選択肢は有効です。

デメリットとしては、本業となる大学の学費にプラスして民間スクールの学費も支払うことになるので、経済的な負担が大きくなることです。

しかし独学で資格の勉強や知識の習得を目指すよりも質の良い勉強ができる可能性が高く、本格的に一般事務としての就職を目指そうと思ったのであれば選択肢の1つとして十分に考えられるでしょう。

一般事務に役立つ資格は比較的汎用性の高いものであるため、該当する民間スクールも各地に点在し、利用しやすいといえます。

一般事務になるための通信講座

民間スクールの他には「通信講座」という方法もあります。

自宅にいながら資格取得のための質の良い勉強ができるため、本業やアルバイト等が忙しい人でも資格のための勉強がしやすいというメリットがあります。

パソコン関連やビジネスマナーに関する資格を取得すれば、将来的にも大きな力となってくれることでしょう。

デメリットしては、民間スクール同様に費用がかかることと、基本的に1人で勉強することになるのでモチベーションを維持することが難しくなる可能性があるということです。

同様に、教えてくれる人も近くにいないので、不明な点をすぐに解決できない点もデメリットとなります。

「絶対に一般事務として働くんだ!」という強い意志を持って臨めば、高いモチベーションを維持することができるでしょう。

独学で一般事務になれる?

専門的な仕事と比較すると、一般事務は独学でも就職に必要な知識やスキルは十分に身につけられると考えられます。

可能であれば「公的資格」や「民間資格」を取得しておくと、就職の際に有利に働く可能性があるのでおすすめです。

具体的には「MOS資格」「簿記」「秘書検定」など、一般事務の仕事に直結する知識・スキルを認定する資格を取得しておくと、就職後の仕事もスムーズに進められる可能性が高くなります。

また、一般事務としての実務経験を積む方法としては「事務職のアルバイトとして雇ってもらう」という方法があります。

一般事務の求人は経験を重視するところも少なくないので、アルバイトとはいえ事務職の経験があれば有利に働く可能性があるのです。

留学は役に立つ?

一般事務を目指すために留学する必要は基本的にありませんが、以下の能力を取得・向上させるきっかけにはなるでしょう。

外国語の能力が身につく

外国では日本語が通用することは稀であり、基本的に英語などの外国語で会話をこなす必要があります。

一般事務は勤務先によっては外国語でのコミュニケーションが必要になる場面もあるため、外国語の能力が身につくことは一定の価値があると言えます。

コミュニケーション能力が向上する

留学は見知らぬ土地で、日本語ではない言葉に囲まれて生活していくわけですから、自然と他人とのコミュニケーションを重視し、その能力を向上させるきっかけとなります。

一般事務はさまざまな人と関わる仕事なので、コミュニケーション能力は重要なスキルの1つです。

一般事務の学校選びのポイントは?

一般事務を目指すための進路選びとして、特に重視すべきポイントはありません。

ただし、即戦力として期待されるような知識・スキル習得を目標とするのであれば、事務職コースのあるビジネススクールや、通信講座などを利用するのが最も効果的です。

または、専門的な教育を受けるのではなく、高校や大学に通いながら事務職のアルバイトとして実務経験を積むという方法もあります。

求められる知識やスキルはあるものの、基本的にそれらを求められずに求人募集がなされることが多いため、学校の選択肢は極めて広いと言えるでしょう。

なお、企業によっては大卒以上を求人の要件としていることもあるため、大卒相当の最終学歴を有しておくと就職の選択肢を確保できます。