人材コーディネーターに向いている人、適性

人と話すことが好きな人

人材コーディネーターは、とくに求職者との面談をする時間が多く、さまざまな思いを持っている人と接する仕事です。

面談では、「こういうに働きたい」「こういうスキルを発揮したい」など、求職者の話をじっくり聞くことからスタートします。

特別にお喋りが上手である必要はありませんが、人と話すのが好きなことと、どんな人にも明るく親しみやすく接することができる人に向いている仕事だといえるでしょう。

また、対面での面談以外に、メールや電話をかける機会も多くあるため、それらも含めた人とのやりとりが苦手でないことが望まれます。

気持ちの切り替えが上手な人

人材コーディネーターのマッチング業務では、求職者に仕事をしても簡単に断られてしまったり、いざ求職者が派遣先での仕事が始まってからは「派遣先と合わない」といった悩み相談を受けることがあります。

また、派遣先からは「送られてきた派遣が思うように働いてくれない」といったクレームも入ることがあります。

人に深く関わっていく分、精神的なプレッシャーや苦労は多い仕事ですが、何かつらいと感じることがあったときにそれをずっと引きずっていては、別の求職者やクライアントにまで迷惑がかかってしまいます。

失敗したこと、うまくいかなかったことは冷静に判断し、次の行動に目を向けていく必要があります。

気持ちの切り替え上手である人は、人材コーディネーターに向いています。

調整することが得意な人

人材コーディネーターの役割は「クライアント企業と求職者をつなげること」です。

それを実現させるためには、間に立つ人材コーディネーターが、クライアントの思いと求職者の思いのどちらも尊重し、双方が合意できるような風に働きかけていく必要があります。

マッチングはすんなりといくばかりでなく、ときに折衝や交渉が必要になることもあるため、双方の意見を確認し、うまくバランスをとりながら調整しなくてはなりません。

人と人をつなげたり、物事を調整していくことが得意な人には、とても適性のある仕事だといえるでしょう。

自分が人材コーディネーターに向いているのかどうかイマイチ分からない、という場合は、新卒向けのサービスであるキャリアチケットを利用してみましょう。

最短3日で内定を獲得した人もいるなど実績も十分であるため、キャリアチケットで人材コーディネーターに向いているかどうかについてアドバイスや、面接対策や書類添削を受けることは大きなサポートとなるはずです。