不動産営業の1日のスケジュール・生活スタイル

不動産営業の業務スケジュール

不動産営業の業務スケジュールは、「内勤」と「外勤」のどちらを中心とするかによって、おおまかに2パターンに分けることができます。

内勤は「カウンターセールス」とも呼ばれ、来店したお客さまを相手に営業を行う反響型の営業スタイルであり、賃貸仲介の不動産会社でよく見られます。

外勤はいわゆる「外回り」であり、店舗でお客さまを待ち構えるのではなく、お客さまの元を訪問して営業をかけるスタイルであり、売買仲介をメインとする不動産会社でよく見られます。

両者を比較すると、内勤はいつ来るかわからない来客に対応するため、スケジュールはコントロールしにくいものの、体力的な負担は軽めです。

これに対し外勤は、体力的な消耗は大きい反面、こちらからアポイントを取って主体的に動きますので、1日の予定はコントロールしやすくなります。

どちらの営業スタイルも一長一短あり、人によって合う・合わないが異なります。

内勤で働く不動産営業の1日

内勤で働く不動産営業は、店の開店時間と閉店時間に合わせて働きます。

あらかじめアポイントが取れているケースもありますが、新規のお客さまがいつ来店するか予測することは不可能ですので、スケジュールもかなり流動的になります。

いつでも接客できるよう、空き時間を有効活用して必要な事務処理をすませておくことが、スムーズに働くポイントです。

9:00 出勤
店のシャッターを開けて、店舗前の掃き掃除など、開店準備を行います。
営業開始
来店されたお客さまを接客し、希望条件などをヒアリングします。
11:00 物件内覧
お客さまを社用車に乗せて、物件を案内してまわります。
12:30 昼食休憩
お客さまが帰ったタイミングで、自席で食事をとります。
13:30 デスクワーク
自社で扱っている物件情報を最新のものに更新します。
15:00 契約事務
来店予約のあったお客さまを迎え、用意していた契約書類を調印します。
17:00 デスクワーク
管理会社から届いた資料に目を通して、新しい仲介広告を作成します。
19:00 退勤
閉店作業を行い、翌日の準備を終えてから帰宅します。

外勤で働く不動産営業の1日

外勤で働く不動産営業は、外訪による営業活動と、事務所内における営業のための準備作業を、交互にこなしながら働きます。

手際よくアポイント取得やデスクワーク処理を済ませて、外に出てお客さまに営業をかける時間を少しでも増やすことが、外回り営業として活躍するためのポイントです。

1日の中で、何度も事務所の出入りを繰り返すことも珍しくありません。

8:30 出勤
自席のパソコンを起動し、メールチェックや本日のスケジュール確認などを行います。
9:00 チームミーティング
部内で案件の進行状況を共有したり、今月の営業成績を確認し合ったりします。
9:30 テレアポ
顧客に電話で営業をかけ、見込みがありそうならアポイントを取ります。
12:00 昼食休憩
近くのレストランに食べに行ったり、コンビニで買ってきて自席で食べたりします。
13:00 外訪
午前中にアポの取れたお客さまを訪問し、仲介を依頼されている物件を紹介します。
14:30 デスクワーク
帰社し、商談内容などを報告書にまとめます。
16:00 外訪
契約予定のお客さまの元を訪問し、今後の手続きの流れを説明し、取引日程を調整します。
17:30 プレゼン準備
翌日のアポイントに向けて、提案用の資料を作成します。
19:00 退社
業務の進行状況によっては、夜遅くまで残業することもあります。

不動産営業の勤務時間・休日・残業