不動産営業の一日

不動産営業の働き方は、大きく分けると「内勤営業(カウンターセールス)」と「外勤営業」の2種類があります。

ここでは、それぞれのおもな1日の流れについて見ていきましょう。

内勤営業(賃貸仲介・カウンターセールス)のある1日

9:00 出勤

店を開けて、看板を出したり、店頭・店内の掃き掃除を行います。

9:30 メールチェック

お客さまからの問い合わせには素早く返信します。

10:00 開店

朝一番でお客さまが来店されることも。住まいに対する希望を伺って、提案を行います。

11:00 外出

車で物件の案内に出かけます。

12:30 昼食

店に戻り、お客さまがいなくなったタイミングで、デスクで昼食をとります。

13:30 デスクワーク

パソコンを使って物件情報の更新や調査を行います。

15:00 お客さまへ連絡

電話やメールを使って、お客さまへ契約や物件情報に関する連絡を行います。

16:00 接客

来店予約のあったお客さまの対応をします。なかには複数回いらっしゃって、じっくり話を進めて契約になることも。

17:00 資料整理

オーナーや管理会社から新しい物件の資料が届いたため、必要な資料をファイリングします。

19:00 閉店

お客さまがいないことを確認して、閉店作業を行います。

20:00 退勤

翌日の準備をしてから帰宅します。

外勤営業(投資用不動産)のある1日

8:30 出社

デスクについたらパソコンを立ち上げ、当日のスケジュール確認とメールチェックをします。

9:00 チームミーティング

チームメンバーで業務の進捗状況について報告・共有し合います。

9:30 テレアポ

リストに沿って、ひたすら見込み客へ電話をかけていきます。

12:00 休憩

ランチは外に出て食べたり、忙しければデスクで仕事をしながら食べます。

13:00 商談へ

先日アポイントメントがとれたお客さまの元へ訪問します。

14:30 帰社

会社に戻ると、再びテレアポを行います。

16:00 問い合わせ対応

商談を進めているお客さまから、物件に関する問い合わせ。メールで資料を送ります。

17:30 資料作成

後日予定されている提案に使う資料を作成します。

19:00 退社

業務が立て込んでいる日は遅くまで残業をすることもあります。