ルートセールスの現状と将来性

ルートセールスの必要性

ルートセールスは、さまざまな業界のメーカーなどを中心に、活躍している人の多い仕事です。

既存の取引先との信頼関係を守り、先につなげていくという重要な役割を担っており、つねに一定の需要がある仕事だといえます。

ただし、就職先の選択肢が多岐にわたるため、どのような職場選びをするかによって、働き方や身につくスキルなどは大きく変わってくるといえるでしょう。

ルートセールスに限らず、営業職は比較的人数も多く、売上に直結する部門であるため、会社の経営が厳しくなると給与削減や、最悪リストラなどの対象になってしまうこともあります。

ルートセールスは、未経験からもスタートすることができますが、その会社が扱う商材のニーズや将来性、会社の方針、事業ビジョンなどまでよく見極めて、どのような会社で働くのかを考えたほうがよいでしょう。

営業としてのスキルを高めるために

ルートセールスは営業職の一種ではありますが、会社によっては納品や配送、回収といった業務がメインとなっていることもあるようです。

たしかに、決まった顧客のところを回るルートセールスは、新規開拓営業に比べると、どうしてもルーティンワークが多くなりがちな面もあります。

そのため、なかなかスキルアップすることが難しく、もし転職するにしてもアピールできるほどのスキルがないと悩んでしまう人もいるようです。

もし、ルートセールスを経て別の仕事に就きたいという気持ちがあったり、さらなるキャリアアップを目指していきたいのであれば、単なる「御用聞き」として終わるのではなく、少しでも提案力や交渉力を磨いていける環境で働くことが、営業としてのスキルアップにもつながっていくでしょう。

ルートセールスとして培ったコミュニケーション能力があれば、その後、さまざまな仕事に就ける可能性がありますし、もちろん営業として上のポジションを目指していくこともできるでしょう。