営業事務部門で働くには

営業事務になるまでの道のり

営業事務は、メーカー、IT、不動産、金融など、さまざまな業界の企業に存在する職種なので、就職の際に業界を気にする必要はありません。

しかし、勤務先の業界・業種によって具体的な仕事内容も変わってくるため、どの業界・企業で働きたいのかはよく検討した方がよいのは間違いありません。

また、営業事務として就職する際には、雇用形態にも注意する必要があります。

現在、正社員で営業事務を募集するケースは少なく、多くは有期限の契約社員または派遣社員です。

新卒求人も多くなく、年間を通して行われている中途採用の求人に応募することになるため、未経験者はオフィスワークの能力を示す資格があったほうがよいでしょう。

一般的に事務職は志望倍率が高いため、人気企業に採用されるのはかなり難しいようです。

営業事務になるまでのルート

営業事務になるための学校の種類

営業事務は学歴に関して、さほど問われることはありません。

ただし、大企業の場合、新卒者は大卒以上の学歴を求められたり、新卒・中途を問わず入社時に計算力や思考力を問うための筆記テストが行われることがあります。

パソコンスキルや簿記知識があると業務に役立つため、ビジネス系の専門学校で学んでから就職する人も多いです。

学歴不問の企業では高卒ですぐに就職することもできますが、実務経験がないとビジネススキル・マナーなど教育に時間がかかるため、積極的に募集しない企業も存在します。

営業事務の資格

MOS(Microsoft Office Specialist)

マイクロソフト社が認定する世界共通の資格試験で、Word、Excel、PowerPoint、AccessといったOffice製品の実技スキルを示します。

営業事務の仕事では、オフィスソフトを多く利用しますので、スキルを示すことで高く評価されます。

受験資格の定めはなく、試験は頻繁に行われているため受験しやすいのも特徴です。

受験料はレベルによって10,780~12,980円(税込)で、学生なら2,200円の受験料割引を受けられます。

MOS公式サイト

簿記検定

簿記検定は複数の団体が実施している民間資格です。

一般的なのは日本商工会議所および各地商工会議所の「日商簿記検定」で、1~3級まであります。

実務では2級以上が求められることが多く、事務職の採用条件でも2級以上を求める企業も多くなっています。

受験資格にはとくに制限がなく、最初から1級や2級を受験することも可能です。

合格率は2級で例年20~30%で、受験料は4,720円(税込)です(受験料は級によって異なります)。

簿記(日本商工会議所)

秘書検定

営業事務は、電話などでお客さまと直接会話をすることもありますし、周囲のスケジューリングや来客対応なども行います。

そのため、ビジネスマナーを示し、さまざまな場面で活用できる秘書検定を取得しておくと、よいアピール材料となるでしょう。

秘書検定の2級以上を取得しておくと、さまざまな企業で高く評価されます。

受験資格には制限がないため誰でも受験可能です。

受験料は2級で4,100円(税込)で、複数の級を併願して受験することも可能です。

秘書検定

秘書の仕事

営業事務を目指せる年齢は?

営業事務を目指すうえで年齢はあまり関係ありません。

ただし、業務や企業への適応が求められるため、年齢があまり高くなってくるとなかなか採用されなくなります。

未経験の場合は、40歳を過ぎると厳しくなってくるでしょう。

できれば20代、30代のうちに経験を積み、自分に合った会社で営業事務のエキスパートとしてのポジションを確立させたいところです。

30歳前後では、結婚や出産を機に総合職から職種変更する人が競争に加わるため、キャリアやスキルに自信がない場合は早いうちに営業事務を目指した方ほうがよいでしょう。

営業事務への転職を検討するなら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で営業事務を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

営業事務の仕事に詳しい転職アドバイザーから話を聞くことができたり、営業事務の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも営業事務が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。