【2022年版】カスタマーサポートの年収・給料はどれくらい?統計データも解説

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

カスタマーサポートの平均年収・給料の統計データ

カスタマーサポートの平均年収・月収・ボーナス

賃金構造基本統計調査

カスタマーサポートの平均年収_2021
厚生労働省の令和3年度賃金構造基本統計調査によると、カスタマーサポートの平均年収は、41.7歳で349万円ほどとなっています。

・平均年齢: 41.7歳
・勤続年数:7.7年
・労働時間/月:158時間/月
・超過労働: 11時間/月
・月額給与: 261,200円
・年間賞与: 358,400円
・平均年収: 3,492,800円

出典:厚生労働省「令和3年度 賃金構造基本統計調査」
※平均年収は、きまって支給する現金給与額×12ヶ月+年間賞与その他特別給与額にて計算。
※本統計はサンプル数が少ないため、必ずしも実態を反映しているとは限りません。

カスタマーサポートの平均年収は、300万円~400万円程度がボリュームゾーンとされています。

ただし、勤務先や年齢、経験、雇用形態によって大きく差が出ているのが実情で、なかには年収1000万円近くを手にしている人もいるようです。

同じカスタマーサポートでも、具体的な業務内容や責任範囲がどの程度かは勤務先によって異なるため、給料にもだいぶ違いが出てくると考えておいたほうがよいでしょう。

カスタマーサポートの勤務先の規模別の年収(令和3年度)

カスタマーサポートの年収は、勤務先の規模が大きくなるとやや高くなる傾向があります。

10〜99人規模の事業所に勤めるカスタマーサポートの平均年収は323万円、100〜999人規模は349万円、1000人以上規模354万円、10人以上規模平均は349万円となっています。

カスタマーサポートの年収(規模別)_r3

上記グラフの基タイトルは「電話応接事務員」でコールセンターを含むデータです。

賃金構造基本統計調査より作成。本統計は調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

カスタマーサポートの勤務先の年齢別の年収(令和3年度)

カスタマーサポートの年収は、年齢が上がってもあまり変わらない傾向にあります。最も年収が高い世代は、50~54歳の388万円です。

全年代の平均年収は349万円となっています。

カスタマーサポートの年収(年齢別)_r3

上記グラフの基タイトルは「電話応接事務員」でコールセンターを含むデータです。

カスタマーサポートの給料・年収の特徴

役職によって給料アップ

カスタマーサポートが活躍するコールセンターなどでは、一般的なカスタマーサポート担当のほかに、「スーパーバイザー(SV)」という役職についている人もいます。

スーパーバイザーは、顧客のカスタマーサポート役を担うオペレーターなどを管理、育成する役目を担う、マネジメントのポジションに就いている人のことをいいます。

このような役職に就くことで、収入が大きく上がることもあります。

カスタマーサポートとして大きく収入を上げたいのであれば、マネジメントの道を目指していくことが一番でしょう。

転職で収入を上げる人も

カスタマーサポートは、お客さまに商品・サービスを提供する多種多様な企業で必要とされている職種であるため、多くの人材が求められており、転職は比較的しやすいといわれています。

高いスキルや素晴らしい人柄などで企業側から価値があると認められれば、転職を機に一気に収入をアップさせることも可能です。

また、外資系企業では全体的に給与水準が高めといわれており、そうした企業へ転職して収入アップを実現させている人もいるようです。

ただし、外資系では即戦力になれる人材が求められる傾向が強いため、転職時にはカスタマーサポートとして一定以上の実務経験を持っておく必要があるでしょう。