品質管理のやりがい・楽しさ・魅力

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

品質管理のやりがい・楽しさ

メーカーのブランドイメージを守る

品質管理は、不良品などの問題が発生した際に対処すると同時に、あらかじめ問題が発生しないよう「予防する」という役割をになっています。

品質管理業務によって、自社と自社商品のブランドイメージが守られます。

消費者からの信頼を勝ち取ることはきわめて困難であり、莫大な時間がかかりますが、その一方、消費者からの信頼を失うのは一瞬です。

だからこそ、品質管理の仕事は重要であり、ほかの職種にはない大きな責任が伴います。

企業の看板を背負う存在であることが、品質管理担当者のやりがいです。

消費者や顧客から、「あのメーカーの商品なら安心して買える」と思ってもらえることは、品質管理にとって大きな誇りといえるでしょう。

このようなポジションにあることから、品質管理はものづくりにおける「最後の砦」といわれています。

仕事の成果が見えやすい

品質管理の面白いところは、自身の仕事の成果がはっきりと目に見えるかたちで表れることです。

品質管理は、「PDCAサイクル」という手法に沿って、製品製造における問題点や改善点を発見し、その解決策を模索して、製造工程を改良するという作業を繰り返します。

それによって、完成品の性能や機能がよりよくなったり、コストダウンにつながったり、不良品発生率が減少したりして、会社の利益へとつながっていきます。

自分の手掛けた仕事の成果がさまざまな数字になってはっきりとわかることは、品質管理にとっての大きなやりがいであり、「企業や消費者のためになる有意義な仕事をしている」という実感を得やすいでしょう。

達成感を味わうことによって、また仕事へと向かうモチベーションが湧くという好循環が生まれます。

品質管理の仕事内容・社内の役割とミッション

品質管理の魅力

創意工夫しやすい

品質管理の仕事は、ルーティンワークとは正反対にあり、柔軟な思考力や発想力を発揮して、自分で創意工夫していくタイプの仕事です。

長時間頭を悩ませ試行錯誤してみても、良い解決策が見つからず苦しむこともあるかもしれません。

しかし、仕事自体が魅力的であることは間違いなく、いつまでも飽きることなく働くことができるでしょう。

独創的なアイディアを出すなど「自分らしさ」も発揮しやすい職種であり、頭を使うのが得意という人にとっては楽しい仕事です。

将来性が明るい

品質管理は、ものづくりの企業であればどんな業界でも必要になる職種であり、活躍の場は幅広くあります。

創意工夫が求められるため、AIなどの機械によって代替されることもなく、職種としての需要は非常に底堅いといえるでしょう。

さらに近年では、食品メーカーの産地偽装、自動車メーカーのデータ改ざんといった相次ぐ事件の影響もあって、消費者の安全志向はより高まっています。

今や品質管理は、メーカーにおいて重要なポジションとなっており、将来性が明るい点が大きな魅力です。