生産管理で働くには(大学、学部)

製造業の企業を中心に活躍できる

生産管理は、さまざまな業界のメーカーを中心に、ものづくりを行う会社で活躍できる仕事です。

アパレル、自動車、精密機器、化粧品といった多様な種類の企業が就職先の選択肢となり、メーカーにとって不可欠な「生産」を管理・コントロールする職種であることから、需要の大きな仕事です。

会社によって生産管理の位置づけは多少異なっており、「製造部門」のなかに置かれていることもあれば、「生産技術」や「品質管理」などと同様、大きく分けると「技術系職種」のなかの「製造管理系職種」のひとつとして位置付けられていることもあります。

一方、会社によっては「事務系」のひとつの職種として捉えられていることもあるため、よく確認して応募することが必要といえるでしょう。

別職種から生産管理になる人も

学校卒業後、最初から生産管理部門に配属されて働く人もいますが、なかには工場での製造経験を積んでから生産管理になる人、また設計の仕事から生産管理になるような人もいます。

実際、企業によっては「生産管理」としての採用は行っていない場合もあります。

生産管理は、ものづくりの全体像を見なくてはならない職種であるため、ある程度の経験を積んだ人が、この仕事に就くこともあるようです。

有利になる大学・学部は?

生産管理で働くうえで、特定の大学や学部を出ていなくてはならないということは普通ありません。

ただし、いわゆる工場で直接製造に携わる仕事が学歴よりも経験重視の傾向が強いのに対し、生産管理は「大卒」の学歴が必要とされることは多いようです。

大手企業は人気が高く、有名大学出身者のほうが有利になることがあります。

なお、生産管理は、理系か文系でいうと「文系職種」にくくられることが多いようです。

この仕事では技術の知識も必要ですが、営業や事務的な要素も多く、論理的思考やコミュニケーション力が求められます。

どの学部を出ていても生産管理の仕事に携われる可能性はあるといえるでしょう。