マーケティングへの転職・未経験採用はある?

マーケターの転職状況は?

商品やサービスの価値の差が少なくなる「コモディティ化」が進む中、消費者の好みや価値観の多様化に合わせた事業を展開すべく、マーケティング部門を強化する企業が増えています。

したがって、マーケターやマーケティング職の需要は常にありますが、正社員採用が中心であり、募集人数はそれほど多くありません。

また、人気職種であるために応募者が求人数を上回るケースが多く、競争率は高めです。

有能なマーケターならヘッドハンティングが行われることもありますし、中小企業ではマーケティングを活性化する目的から、経験のあるマーケターを求めることが多いです。

そのため、マーケターの転職は大企業よりも中小企業が中心となり、経験者が優遇される傾向にあります。

マーケターの転職の志望動機で多いものは?

マーケターの転職における志望動機では、「違う業界で仕事がしてみたかった」「もっと多様な業務に関わりたい」といったものが多いです。

大きな企業になるほどマーケティング部門の人数は多くなり、業務も細分化されるために、個人に割り当てられる仕事の幅も小さくなりがちです。

逆に規模の小さな企業ほど、マーケターの仕事領域が広くなるため、新しいことにチャレンジしたいという気持ちをもって転職を希望します。

本音では現職・前職における待遇や人間関係などが転職理由になることもありますが、そのような志望理由は採用時の評価につながらないため、個人の胸にしまっておくのがよいでしょう。

未経験者の場合は、業務をよく理解した上で興味ややる気、適性を伝えるよう心がけてください。

マーケティングの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からマーケターになるには

未経験の社会人がマーケターを目指す場合、残念ながらその門戸は広くありません。

採用数が少ない上、即戦力クラスを求める企業が多いからです。

未経験の社会人がマーケターを目指すなら、まずはWeb制作会社やマーケティング支援会社などで、マーケティングの実務を経験するところからはじめるのがよいでしょう。

こうした企業では、マーケターを育てて戦力化しているため、未経験者の募集も見られます。

また、資格取得を通してマーケティングを学習したり、自分でホームページやブログを運営したりてデジタルマーケティングを学ぶのもいいでしょう。

未経験だからと諦めず、できる範囲でマーケティングに取り組んでみることが大切です。

マーケターの転職に必要な資格・有利な資格

マーケターとしての転職では、あまり資格は重視されません。

資格よりもマーケティング実務に関わった実績が評価につながるため、評価される材料を作ることが大切です。

マーケティング関係の資格取得は学習には役立ちますが、転職ではとくに実績を問われます。

個人でもできることとして、自分で運営するブログのアクセス数やSNSのフォロワー数などはデジタルマーケティングの実力をはかる尺度になるため、資格取得と合わせて取り組んでみてもいいかもしれません。

また、時間やお金はかかりますが、「中小企業診断士」の資格や「MBA」の取得、ビジネススクールの卒業などの経歴があれば、未経験者でも一定の実力があると見なされる場合もあるでしょう。

マーケターへの転職に役立つ職務経験は?

マーケターへの転職に役立つ職務経験としては、営業や販売が挙げられます。

現場を知っているマーケターは利害調整をうまくできることも多いため、営業や販売の現場から歓迎されやすいのです。

また、店舗の店長やWebディレクターなど、マネジメントに関わる仕事をしてきた人もコミュニケーション能力やプロジェクトをまとめる力を評価されやすいです。

Web系の仕事をしてきた人はデジタルマーケティング領域の能力を期待されやすく、実績などをうまく示せば効果的なアピールができます。

その他、職務の中でデータを分析して業務改善につなげたりといった実績があれば、マーケターとしても活躍を期待されるでしょう。

マーケターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

マーケターに転職できる年齢は、未経験者であれば30歳くらいまでのケースが多いです。

未経験から一定のレベルのマーケターになるためには、下積みや学習が必要になり、年齢が上がると難しくなるからです。

また、商材によってはマーケターの性別や年齢幅を限定するケースもあります。

逆にマーケティング職の経験者で、実績も十分にある場合には年齢制限はほぼありません。

一般的な求人では従業員の平均年齢との兼ね合いで制限があることもありますが、経験者の場合は人材紹介会社やヘッドハンティング専門の企業からの紹介で入社できます。

または知人などを通じて直接スカウトされるため、年齢が強く意識されることはそこまで多くないでしょう。

マーケターの転職面接で気をつけるべきことは?

マーケターの転職面接では、自身の職歴や実績について論理的に述べることが大切です。

また、社会人としてのコミュニケ-ション能力にも期待がかかるため、受け答えや表情、発声も大切にしましょう。

大きな実績があれば当然評価されますが、小さな実績だとしてもそれをしっかり説明できれば高評価につながります。

手がけた仕事のターゲットや、自らの立場、手段、数値実績などを整理して上手にアピールしましょう。

いずれの場合も、基本的には企業への貢献意欲や業績に貢献できる能力があることを示すことが大切です。

未経験の場合は、企業や顧客に貢献しているイメージを採用担当者がもてるように工夫しましょう。

マーケティングへの転職を考えている方へ

マーケティングの転職に強い転職エージェントを利用することで、大幅に転職成功率をアップさせることができます。

リクルートエージェントは、未経験からマーケティング職に転職できた実績も多いため、まずは気軽に相談してみてください。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。