生産管理の仕事、業務内容

製品の生産から出荷にいたる体制を管理する

生産管理は、製造業など「ものづくり」を行う企業において、販売計画に基づいて、製品の生産から出荷にいたるまでの体制を考え、管理する仕事です。

具体的な業務内容は、生産計画の立案、原材料の発注先決定、価格交渉、納期・在庫管理、生産工程管理など多岐にわたります。

製造では必ず「納期」が設けられますが、どのように工場を動かせば、期日までに必要な数の製品をきちんとつくり、納品することができるのかを計画して、現場を動かしていくのが生産管理のおもな役割です。

製品の製造から出荷にいたる体制を広く管理し、ものづくりの現場と、ものを販売する人たち両者の調整も行っていきます。

状況に応じて適切な管理を行う

工場では、状況に応じた生産工程の変更など、臨機応変な対応が求められる場面もしばしば出てきます。

生産管理はそうした場面で適切な判断を下し、生産がその時々の目的通り、かつスムーズに行えるように、現場の人たちに指示を出しながら工場を動かしていきます。

決められた納期のなかで、一定の量・品質・コストで製品をつくり出すために不可欠な存在であり、生産工程の全体を見る目が必要とされ、いわば生産現場の「舵取り役」や「指揮官」となって活躍する仕事です。

他部門との連携も不可欠

製造業のなかでも完成品をつくる企業であれば、市場における製品の売れ行きを見ながら、今後の生産数を決定しなくてはなりません。

また、現状だけではなく先々の売れ行きを予測して、必要と考えられる製品数の生産体制を整えることも重要です。

そのため、営業や企画・マーケティングといった部門の人たちと連携をはかり、生産計画を練り上げていくことはよくあります。

在庫を抱えすぎたり、逆に在庫が足りなくなったりすることがないよう、さまざまな情報を集めて生産計画を立てたうえで、工場の動きをコントロールしていきます。