ルートセールスに向いている人、適性

約束を守り、誠実な人

営業というと、話上手で外向的な人が多いイメージが抱かれがちですが、ルートセールスの場合はそれ以上に「誠実さ」など、人柄のよさが重視される仕事です。

ルートセールスの場合、既存顧客といかに長い付き合いを続けていくかが重要であるため、顧客の信頼を裏切るようなことをするのは許されません。

約束は守る、定期的に訪問する、相手が求める情報を素早く提供するなど、どれも当たり前のように聞こえるかもしれませんが、日々の仕事に追われていると、ついおろそかになりがちなことでもあります。

こうした地道な努力を積み重ねていける人は、ルートセールスとしてはもちろん、人としても信頼され、成果を残していくことができるでしょう。

相手の状況を察知し、人の話をよく聞ける

ルートセールスは、既存顧客との付き合いを続けながら相手のニーズに応じた新たな商品・サービスを提案し、収益を上げることを目指します。

顧客を取り巻く状況はつねに変わっていくため、何気ない会話の中から相手の求めるものを拾い上げていく力が求められます。

そのためには、ただ自分が話したいことを話すのではなく、相手の話をよく聞くことが重要です。

もし現在の取引内容に少し不満を抱かれている場合でも、ルートセールスがそうした思いにいち早く気付くことができれば、大きな問題になる前に対処することも可能です。

相手の考えていることや状況を敏感に察知できるタイプの人は、ルートセールスに向いているといえるでしょう。

好奇心が旺盛

営業職全般にいえることですが、さまざまな顧客と接する仕事であるため、どんな人の話にも興味を持って耳を傾けられるかどうかが重要です。

また、ルートセールスは顧客と仲良くなっていくと、仕事の話以外にも、世の中の動きやプライベートの話をすることも出てくるものです。

相手が振った話を盛り上げたり、自分からもつねに新しい話題を提供できるよう、好奇心旺盛である人が望ましいといえるでしょう。