不動産営業の現状と将来性

時代を問わず需要のある不動産

不動産ビジネスは、人間が生きていくうえで不可欠な「衣食住」の一端を担うため、時代を問わず安定した需要がある仕事だといえます。

なかでも、お客さまを見つけ、お客さまに直接アプローチしていく営業職はどのような不動産会社においても必要とされている職種であり、多くの不動産会社が不動産営業職の求人を出しています。

しかし、昨今の日本では、人口減少や少子高齢化などの影響によって、かつてに比べると不動産を求める人の数は減っているといわれます。

また、単身者の増加や非正規雇用の増加による所得低下などの影響によって、小規模なマンションや低価格物件の人気が高まるといった変化も見られています。

日本の産業のなかでも長い歴史を誇る不動産業界ですが、時代のニーズに応じた新しいビジネスを展開していかなくては、なかなか生き残りが難しくなっているのも事実です。

古い体質の会社もまだ多い

世の中がめまぐるしく変わっていくなかで、さまざまな業界で新しいビジネスの手法、新しい会社の風土を模索する動きが強まっています。

しかし、不動産業界はいまだ古い体質の業界といわれており、古くからの業界の慣習に縛られていたリ、新しいやり方に抵抗を示したりする会社も残っているようです。

不動産のオーナーは高齢者も多く、そういった理由から他業界に比べてITの導入があまり進んでおらず、どうしても「人と人」のつながりが色濃くなっている面もあるといわれます。

それでも、不動産業界で新しいビジネスに挑戦し、業界の体質そのものを変えようとするようなベンチャーも出てきており、少しずつ業界のあり方は変わっているといえるでしょう。

不動産ビジネスを手掛ける会社は数多く、業界の最先端をいく企業から、地域に根差した個人経営のところまでさまざまあります。

就職先を探す際には、自分の理想とする働き方を見据えたうえで、会社が経営方針や事業展開をしているのかをしっかりと見極めていく必要があるといえそうです。