マーケティングの1日のスケジュール・生活スタイル

マーケティング部門の業務スケジュール

マーケティング部門の業務スケジュールは、業界や任されている仕事の範囲によってさまざまです。

基本的には他の職種と同じく9:00~18:00前後の間で勤務しますが、企業によっては「フレックスタイム制」や「裁量労働制」を採用し、ゆっくり出社して夜遅くまで働いているような場合もあります。

日中は社内外の関係者とのコミュニケーションが業務の中心となり、資料作成や企画検討といった個人やチームの仕事は遅い時間にずれこむことも多いです。

また、一般的にマーケティング部門は生産や営業などの職種とは繁忙期がずれる傾向があり、夏場や年度はじめ、年末年始といった繁忙期に向けたマーケティング企画は2~3カ月以上先から検討されます。

マーケティングで働くマーケティングの1日

9:00 出社
メールチェックを行い、チームメンバーや自分のスケジュールを確認します。
10:00 情報収集
業界や競合企業・製品などについてネットや関係者などから情報収集します。
12:00 昼食
他部門の社員と情報交換も兼ねて、いっしょに昼食をとることもあります。
13:00 チーム内打ち合わせ
チームメンバーの担当案件の進捗状況などを確認、情報を共有します。
14:00 広告代理店と打ち合わせ
販促物や広告について、ターゲットや期待する結果、予算などをすりあわせます。
15:00 開発部門と新商品の試作品チェック
開発部門からあがってきた試作品がマーケティングプランに合っているかチェックし、必要に応じて改善点を提案します。
17:00 情報分析・資料作成
アンケートや現地調査などで収集したデータを集計・分析し、資料としてまとめ、関係者に共有します。
19:00 退社
外部向けのイベントやプレゼンテーションの準備など、急いで仕上げる仕事があれば残業で対応します。

マーケティングの勤務時間・残業時間

マーケティング部門の勤務時間は一般的な日勤の職種と同じく、9:00~18:00前後が多くなっています。

ただし、「フレックスタイム制」や「裁量労働制」などの下で時間に縛られない働き方をしている人もいます。

マーケティングは情報収集や分析を行うだけでなく、社内外に向けて企画を提案しなければなりません。

勤務時間内に効果的な提案が浮かぶとは限らないため、納期前には残業も多くなりますし、持ち帰って仕事をすることもあります。

マーケティング部門は忙しいイメージをもたれがちですが、年間の残業時間は他職種と比べてそれほど大きな違いはありません。

しかし、個人や企業による差が大きく、実際の状況は人それぞれです。

マーケティングに休日出勤はある?

マーケティングの仕事をしている人でも、基本的に休日出勤はありません。

休日出勤がある場合は、納期が決まっている仕事があって間に合わない場合や、イベントなどへ参加するためといった場合がほとんどです。

会社や顧客から呼び出されることもなく、自分やチームの判断で休日出勤をするかしないかを決定します。

日常的に休日出勤が発生するわけではなく、休日出勤があった場合はどこかで代休を取得できます。

しかし、休日には出勤しないだけで、頭の中で仕事のことを考えながら週末を過ごしている人や、仕事のために休日もアンテナを張って過ごしている人も多いです。