社長の一日

社長は毎日忙しい

ひとくちに社長といっても、すべての人が同じような動きをしているわけではありません。

むしろ、100人の社長がいれば、100通りの過ごし方があるといっても大げさではないでしょう。

しかし、共通しているのは「社長は何をしているのかわからない」と思われがちでも、じつは見えないところで忙しく動き回っているということです。

ここでは、社長のある1日の過ごし方を紹介していきます。

社長のある1日

5:00 起床

前夜は会食で寝るのが遅くなりました。睡眠時間は3時間程度になることも。

5:30 新聞とネットニュースに目を通す

朝の時間を有効活用。日々の情報収集は不可欠です。

6:00 出社

周囲が静かなほうが集中できるため、社員よりも早く出社することが多いです。

9:00 経営会議

月に一度の経営会議に出席。今後の事業方針について役員たちと話し合います。

10:00 外出

銀行との打ち合わせへ。時間節約のためにタクシーでの移動が中心。

車内では、関係者への電話連絡やメールチェックと返信、スケジュール確認を行います。

12:00 ランチミーティング

リーダークラスの社員とは定期的にランチをし、業務状況などをヒアリングします。

13:00 デスクワーク

次々に上がってくる稟議書に目を通し、決裁を行います。

14:30 来客対応

取引先の社長が訪問されたため、対応します。

16:00 人材採用に向けた会議

人事部のセッティングにより、来年度の人材採用に向けた会議に出席。

17:30 社内を見回る

定時前は社内で仕事をする社員も多いため、社内を見回って様子を確認します。

18:00 セミナー出席

経営者向けセミナーへ出かけます。日々の勉強や、他の社長との交流は欠かせません。

21:00 食事

親しい社長と一緒に外食をし、ビジネスの情報交換をします。

23:30 帰宅

帰宅後はニュースチェックや読書などを行い、翌日に備えて就寝します。