社長の1日のスケジュール・生活スタイル

社長の業務スケジュール

同じ社長のポストに就く人であっても、すべての人が同じような動きをしているわけではありません。

100人の社長がいれば、100通りの過ごし方があるといっても大げさではないでしょう。

社長をはじめとする経営者の働き方の特徴として、一般社員のように「労働基準法」や「就業規則」が適用されないことが挙げられます。

したがって、1日に何時間働くかや、いつ休みをとるかなどは明確に定められていないことも珍しくありません。

会社の状況にあわせて臨機応変に動く必要があり、日々忙しく動き回っている社長も多いです。

大企業で働く社長の1日

5:00 起床
前夜は会食で寝るのが遅くなりました。睡眠時間は3時間程度になることも。
5:30 新聞とネットニュースに目を通す
朝の時間を有効活用。日々の情報収集は不可欠です。
6:00 出社
周囲が静かなほうが集中できるため、社員より早く出社することが多いです。
9:00 経営会議
月に一度の経営会議に出席。今後の事業方針について役員たちと話し合います。
10:00 外出
銀行との打ち合わせへ。時間節約のためにタクシーでの移動が中心。
13:00 デスクワーク
次々に上がってくる稟議書に目を通し、決裁を行います。
14:30 来客対応
取引先の社長が訪問されたため、対応します。
16:00 人材採用に向けた会議
人事部のセッティングにより、来年度の人材採用に向けた会議に出席。
17:30 社内を見回る
定時前は社内で仕事をする社員も多いため、社内を見回って様子を確認します。
20:00 会食
関係者との会食の機会は多いです。これも仕事のうち。
22:30 帰宅
帰宅後はニュースチェックや読書などを行い、翌日に備えて就寝します。

ベンチャー企業で働く社長の1日

6:00 起床
起きたらすぐメールチェックと、SNSなどで最新情報をチェックします。
9:00 オンラインミーティング
朝一番のミーティングは自宅から、Web会議システムを使って参加します。
10:00 取引先へ
創業間もないため、みずから積極的に営業活動を行います。
12:00 ランチミーティング
社員とは定期的にランチをし、業務状況などを詳しくヒアリングしつつ、フォローします。
13:00 出張準備
来週の出張に向けて、航空券や宿泊先などを手配。小さな会社なので、雑務まで自分で行うことも多いです。
15:00 リーダーとミーティング
動き出したばかりの新規事業に関して、売上を見ながら今後の戦略について打ち合わせします。
18:00 セミナー出席
経営者向けセミナーへ出かけます。日々の勉強や、他の社長との交流は欠かせません。
21:00 外食
他社の親しい社長と一緒に食事。ビジネスの話でたっぷりと盛り上がり、刺激を与え合います。
24:00 読書
帰宅後はビジネス関連の本を読むことが多いです。
25:30 就寝
いくつか残っている仕事を片付けてキリのよいところで寝ます。

社長の勤務時間・残業時間

通常、社長には勤務時間が定められていないため「残業」の概念もありません。

1日に3時間だけ働こうが、20時間働こうが、法律上は問題がないのです。

基本的には会社の営業時間に合わせて働きますが、日中は会議やミーティングなどに追われ、なかなか落ち着いて事務仕事ができないこともあります。

そのため、早朝や深夜など他の社員が働いていない時間帯に仕事をする社長もいます。

社長のような重役になるからといって、のんびり過ごせるとは限りません。

とくに創業間もないベンチャー企業の社長は、経営をしながらプレイヤーの一人としても動き回ることが多く、ほとんど休みをとらないような人もいます。

社長に休日出勤はある?

社長の休日は、勤務時間と同じく明確に定められていないことも多いです。

会社の休業日にあわせて休む人もいますし、あえて社員が休んでいる日に出勤し、静かな環境で集中して働く社長もいます。

また、休みをとっていても完全に休息しているわけではなく、どこかで会社や事業のことを考えていたり、メールチェックや事務仕事などは行っていたりすることもあります。

社長になると、寝ても覚めてもビジネスで頭がいっぱいになってしまいがちなのは、職業病ともいえるかもしれません。

社長の勤務時間・休日