経営企画のやりがい・楽しさ・魅力

経営企画のやりがい・楽しさ

企業の行く末を左右する

経営企画の最大のやりがいは、企業の将来を左右する重要な経営課題に取り組めるという点にあります。

経営企画が手掛ける仕事は、経営計画の策定や新事業の立ち上げ、組織再編、M&A案件の評価、新規上場など、いずれも企業経営に与えるインパクトの大きいものばかりです。

もちろん、それらの重大事項について決定権を持つのは社長をはじめとする経営陣であり、最終的な責任を背負うのも経営陣です。

しかし、実際に計画をつくったり、判断材料を提供したりするのは経営企画の役割であり、役員たちの補助とはいえ、経営の一旦を担っているという事実に変わりはありません。

影響力が大きいぶん、受けるプレッシャーも大きくなりますが、ほかの職種にはない大きなやりがいを感じられるでしょう。

大勢の社員を巻き込んで働く

経営企画部門の社員は、複数の部署を横断するような大掛かりなプロジェクトを手掛けることもよくあります。

その場合に経営企画に求められるのは、各部署の社員を率いるリーダーとしての役割です。

意見が対立する場合の調整作業など、全体を取りまとめるのは大きな苦労が伴います。

しかし、たくさんの社員が関わる大掛かりな案件は、周囲を巻き込んでいくダイナミックな面白さを味わえる仕事でもあります。

リーダーとして無事にプロジェクトを成功まで導けた際には、大きな達成感と喜びが得られるとともに、ビジネスマンとしても大きく成長できるでしょう。

経営企画の仕事内容・社内の役割とミッション

経営企画の魅力

花形の出世コースであるということ

経営企画の魅力は、なんといっても「花形」といえる華やかなポジションで働けるということです。

一般的に、経営企画部門に配属されるのは、社内でもエースと呼ばれるような優秀な社員ばかりであり、経営層の側近として表舞台で活躍する姿は、多くの社員の憧れの対象です。

キャリア的にもきわめて有望であり、サラリーマンとしての出世コースであることは間違いありません。

昇給や昇進も早く、金銭的にも大きなメリットが得られます。

順調にキャリアを積み重ねていけば、やがては執行役員などの経営陣にまでたどり着くことも、決して不可能ではないでしょう。

経営企画の仕事を通して身につく財務知識や会計知識、マーケティングスキル、プレゼンスキルなども、その後の仕事におおいに役立つはずです。

社内に幅広い人脈を構築できる

経営企画は、さまざまな他部署の社員と交流しながら仕事を進めます。

売上や利益といった業績を管理するため、営業部門と打ち合わせすることもありますし、財務内容を確認する際に経理部門と協力することもあります。

複数の部門をまたいだビッグプロジェクトを手掛けることもあります。

こうした仕事を手掛けていくうちに、社内のあちこちに知り合いができて、幅広いネットワークを構築できる点も、経営企画の魅力のひとつです。

顔見知りが増えれば増えるほど、コネクションを使ってさまざまな業務をスムーズにこなせるようになるでしょう。