マーケティングリサーチャーの仕事内容、なるには、資格、給料、求人

マーケティングリサーチャーの仕事内容

消費者の声を集め、企業に汲み上げる

多くの企業では、新しい商品を開発するために、「どうすればより多くの商品が売れるか?」を考えます。

売れる商品を開発するためには、その商品の需要性を予測します。

そのためには「世の中の人たちがどんな商品を求めているか?」を知ることが必要です。

商品の需要性を予測し、市場全体の動向を把握するために、事前のリサーチが最も重要です。

Webリサーチや郵送調査や電話調査、対象者と対面してヒアリングするなど、最適な方法で調査を実施します。

さらに集めたデータを集計・分析し、発注者に報告書を作成して提出するのがマーケティングリサーチャーの仕事です。

消費者の声をリサーチし、世の中の情報を企業へ汲み上げる重要な任務となります。

マーケティングリサーチャーになるには

幅広い知識と好奇心、理系出身者が有利

マーケティングリサーチャーになるには、大学卒業後マーケティングリサーチ企業に就職するのが一般的です。

特に必要な資格などありませんが、世の中の動向に対する幅広い知識と好奇心や探求心、データ分析力や数学力が必要です。

調査にはパソコンを使用して集計・分析を行なうため、パソコンのスキルも必須です。

大学では、経済学・経営学・経営工学・経営情報学・統計学・流通学・情報工学などの知識を学んでおくと役立つでしょう。

マーケティンリサーチャーの給料・年収

年収アップを目指すならスキルを磨く

20代前半では年収200万円~600万円、20代後半になると150万円~800万円と、業種や企業規模によってばらつきがあります。

なお、20代から40代以上の全世代平均年収は523万円となっています。※参考:「転職会議」

国内大手IT企業や外資系企業は、マーケティング職の年収水準が高いケースが多いようです。

外資系企業における平均年収は、勤続3年以上500万円~800万円程度、5年以上800万円~1,000万円程度とされています。

転職者が多いことも特徴で、スキル・実績・企業規模によって高まる傾向があります。

マーケティングリサーチャーに向いている人、適性

流行に敏感で人が好き、客観的思考の人

流行に敏感

時代に合った商品を企画するには、世の中の流行を敏感にキャッチする能力が必須です。

インターネットやテレビ、新聞を常にチェックしている人が適しています。

客観的、倫理的思考

消費者の視点から客観的に物事を捉え、さらに論理的思考で意見をまとめる、2つの思考を兼ね備えた人が適しています。

コミュニケーション能力

企業で活躍するマーケティングリサーチャーは、さまざまな部署との連携や、消費者の声を聞き出す傾聴力も必要です。

マーケティングリサーチャーの現状と将来性、今後の見通し

業界は人材不足、若手が活躍する時代に

近年のマーケティングリサーチ業界では、3つの経営課題が挙げられています。
・中堅リーサーチャー不足
・コンサルティング力不足
・調査スキル不足

一般社団法人「日本マーケティングリサーチ協会」2015年度調査

即戦力人材確保のため、未経験者がリサーチ業界からスカウトされるケースもあるようです。

経験者は、消費材メーカーなどのマーケティングリサーチ部門やコンサルティングファームへのキャリアチェンジも期待できます。

今後は、高い調査スキルが課題となり、若手マーケットリサーチャーの活躍が注目されるでしょう。