社長の仕事内容

会社の舵取りをすること

社長とは一般に、会社のトップに立つ人のことをいいます。

その大きな役割は、会社がどのような方向を目指していくのか、何をしていくのかを考え、決断することです。

具体的な業務内容としては、事業内容の決定、適材適所への人材配置、人材育成、事業のしくみ作り、労働環境や社内制度の整備、資金調達など多岐にわたります。

会社を大きな船に見立てるとしたら、社長がゴールに向かうための航海図を描き、他の経営陣に舵取りのプランを伝えながら動いてもらい、多くの船員(従業員)たちを導いていくことになります。

事業の目的を考える

自ら会社を起業した創業社長にしても、他のオーナーに雇われて働く社長にしても、会社のトップとして働く以上は「何のために事業をするのか」を真っ先に考えなくてはなりません。

これは「企業理念」といった言葉にまとめられることもありますが、「関わるすべての人の幸福の追求」「従業員とその家族の生活の安定のため」など、各企業はさまざまな想いを持って経営をしています。

そういったさまざまな想いの最終決定をするのが社長であり、会社の目指す方向を社内に周知させていくことが大切です。

そして、目指すところへ到達するために、海外マーケットに進出して規模を拡大するのか、上場を目指すのか、M&Aをも視野に入れるのかといった中長期的なビジネスプランを考えていくのも、社長の重要な役割です。

企業の顔としての役割

社長はあちこちに名前が出る立場になるため、「企業の顔」という認識と責任感を持って、外部への対応をも積極的に行わなくてはなりません。

また、つねに最新のビジネス情報や世の中の動きを集めておくことが、迅速な経営判断につながります。

したがて、取引銀行や取引先の重役との商談・会談、セミナーや講演、パーティーやイベント出席など、外に出て人と会うような時間も多くなります。

規模の小さな会社は社長も現場で動くことも

ベンチャーの創業直後などは、社長一人や、従業員数名のみで会社を動かしていくことも珍しくありません。

その場合、社長はトップとしての役割を担いつつも、取引先への営業活動やフォローアップなど、プレーヤーとしての動きも兼任することがあります。

一方、組織規模が大きくなり、確固たる組織体制が出来上がった会社では、社長はあくまでも経営トップとして、会社全体の管理・監督、調整役として動くことが主となるでしょう。