女性のルートセールス

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

新規開拓営業よりも落ち着いて働きやすい

営業職として活躍する女性はたくさんいますが、ひとくちに「営業」といっても、その働き方や仕事内容はさまざまです。

新規開拓営業として、とにかくひたすら足を使って動き回る営業の場合、つねに数字に追われることから精神的にプレッシャーが大きく、また年齢を重ねると体力的に厳しくなってくることがあるようです。

そのなかで、ルートセールスは、基本的に既存顧客への営業活動やフォローが中心となります。

新規開拓営業に比べると厳しいノルマが課せられることはさほど多くなく、落ち着いて自分のペースで働きやすいという特徴もあるため、あえてルートセールスに就くことを選択する女性も多くいます。

顧客からいかに信頼されるか

ルートセールスにとって大切なのは、顧客と長期的な付き合いをするために、いかに信頼されうる存在になるかということです。

相手の心に寄り添うことを得意とし、提案力や交渉力にも長けた女性であれば、その持ち前のスキルをおおいに生かすことができるでしょう。

ルートセールスは、単発的な成果よりも、長期的な成果が求められやすい仕事であるため、じっくりと仕事に取り組みたい人にも適しているといえます。

ただし、同じルートセールスでも、業種や会社によって具体的な仕事内容は変わってきます。

自分に合った職場の選び方

ルートセールスをはじめ、営業職に就く人の男女比は、まだまだ男性の割合のほうがだいぶ大きいようです。

職場によっては、女性の割合は営業部の1割程度といったこともあるといわれます。

そのため、就職や転職を考える際には「女性にとって働きやすい職場環境かどうか」は見ておいたほうがよいでしょう。

普段の残業状況や休日出勤の状況をはじめ、社内の雰囲気、産休や育休、時短勤務といった各種制度、有給取得状況など、できるだけ実態を把握しておくことをおすすめします。