不動産営業の給料・年収

平均年収はどれくらい?

不動産営業の給料は、年収400万円~600万円程度がボリュームゾーンとなっているようです。

ただし、同じ不動産営業でも、賃貸仲介、住宅販売、リフォームなど担当する業務内容によって働き方などは異なり、給料にも差が出てくるといえるでしょう。

扱う商品(不動産)の金額の違いもあり、賃貸仲介よりも売買仲介を行うほうが給与水準は高めの傾向にあるようです。

また、勤務先となる不動産会社の規模や地域などによっても給料は変わり、大きな企業のほうが給与水準はよいといわれています。

歩合給がつくことが多い

不動産営業の給料は、たいてい「インセンティブ制度」が導入されており、「基本給+歩合給」といった形で設定されていることが多いです。

基本給はそこまで高い金額ではありませんが、歩合給がつくため、個人の売上によって収入は変わってきます。

歩合の割合が大きく、さらに成果を残せた場合、月収で100万円を超えるような人もいるようです。

なかには基本給がなく「完全歩合制(フルコミッション)」で働く不動産営業もいます。

資格手当がつく場合も

また、「宅地建物取引士」といった不動産業関連の資格を取得することで、基本給に加えて「資格手当」がつく会社もあります。

資格手当は多くても1~2万円程度となっているようですが、業務上でも役立つ内容であるため、取得を目指して勉強をしている人も少なくありません。

若くても高い収入を得ることができる

このように、不動産営業の仕事では、個人の成果によって収入がだいぶ変わってくるのが特徴です。

歩合の割合が大きい会社で成果を出せば、20代でも年収1000万円以上を得ることは可能です。

年功序列の要素もあまり大きくなく、経験よりも実力が重視されやすい仕事であるといえるでしょう。

ただし、不動産営業であっても歩合給を取り入れていない会社もあるようです。

就職・転職先を探す際には、給与体系をよく確認しておいたほうがよいでしょう。