ルートセールスへの転職、未経験採用

ルートセールスへの転職事情

ルートセールスへの転職を考える人の前職はさまざまですが、同じ営業の仕事で、新規開拓営業からルートセールスになるケースは比較的よく見られます。

新規開拓営業はノルマに追われがちであったり、断られることも多いため、そこに精神的なプレッシャーを感じてしまう人もいますが、ルートセールスのように地道にコツコツと顧客と信頼関係を築く仕事に魅力を感じ、転職を考える人もいるようです。

実際、新規開拓営業はあまり成果を出せなくても、ルート営業では自分の強みを大きく発揮でき、成功している人もいます。

たとえ別業種であっても、営業として培ったコミュニケーション能力やヒアリング力、交渉力などは生かすことができますし、採用試験でもプラスに評価されるでしょう。

未経験でも採用される?

ルートセールスの求人は、未経験者を対象とするものもあります。

とくに第二新卒など、20代であれば未経験からの転職はさほど難しいものではありません。

しかし、大手メーカーや商社など人気が高い企業では新卒採用を中心に行っており、中途採用の募集では「経験者のみ」としていることも珍しくありません。

もし、ルートセールス経験のない人が大手や有名企業に転職したい場合には、まずは別業種であってもルートセールスとしての経験を積み、実績をアピールできるくらいにスキルアップしておくとよいでしょう。

転職の際の注意点

「ルートセールスは楽そう」という理由で転職を考える人もいるようですが、この仕事は決して簡単なものではありません。

たしかに、ルートセールスは新規開拓営業のように飛び込みやテレアポなどの営業活動は行わない分、気が楽だと感じるかもしれません。

しかし、ルートセールスでは既存顧客との信頼関係を崩さないようにしなければならないという、また別のプレッシャーがのしかかってきます。

また、ルートセールスも営業として売上向上に貢献することが求められますから、会社によってはノルマや目標が設定されることもあります。