役員の一日

役員の1日は忙しい

役員は、その人にもよりますが、1日みっちりとスケジュールが埋まっていることが多いです。

しかし、従業員のように、分業して部門ごとに定められた仕事に携わったり、上司から言われた仕事をこなしていくというよりも、会議に出席して経営方針を考えていったり、リーダー層の社員から事業の進捗状況などの報告を受けるような過ごし方が中心となります。

日本全国、場合によっては海外出張がたくさん入ることもあり、日によって1日の流れがまったく異なることもあります。

上場企業の役員のある1日

5:00 起床

朝は早めに起き、朝食をとりながら新聞やネットニュースに必ず目を通します。

6:00 準備

パリッとしたスーツに着替え、身支度を整えます。

7:00 出社

電車のラッシュ時刻を避けて早めに出社。電車の中では読書をします。

7:15 デスクワーク

取引先などからのメールを返しながら、従業員の出社前は社内も静かで仕事がはかどります。

9:00 会議

役員は毎日、多くの会議に出席します。この日は30分~1時間単位で、午前中に4本の会議に参加。

13:00 ランチミーティング

昼食の休憩時間も何かしら仕事をすることは多いです。この日は部下とのランチミーティングを実施。

14:30 会議

午後も引き続き会議が多数。合間にメールチェックやスケジュール調整を行います。

18:00 出張準備

翌週の出張に備えて調べものを行います。

19:00 会食

退社後、他の企業の役員や幹部クラスの人との会食が入ることもしばしば。情報交換もできる大事な時間です。

22:00 帰宅

一次会で切り上げて早めに帰宅。残っているメールの処理を済ませて就寝準備をします。

23:30 就寝

経営の本を読んでから眠りにつきます。できるだけ睡眠時間は確保します。