社長とCEOの違い

「CEO」は「最高経営責任者」

社長」とよく勘違いされる役職として「CEO」というものがあります。

「CEO」は、日本語では「最高経営責任者」という意味になりますが、英語表記の「Chief Executive Cfficer」の頭文字をとってCEOと呼ばれるのが一般的です。

もともとは欧米企業で使われている役職名でしたが、近年、日本でも「代表取締役社長兼CEO」といった形で「CEO」という言葉が使われるケースが増えてきています。

CEOは、会社法で認められている肩書きではない

日本の会社では「社長」をはじめ、「副社長」「専務」「常務」「部長」などさまざまな呼称が使われていますが、じつは「会社法」という法律によって定められている肩書きは「代表取締役」と「取締役」のみとなっています。

社長や副社長などは、あくまでも会社のトップやナンバーツーであることを、対外的にわかりやすく示すための呼称のひとつに過ぎません。

「CEO」についても同じく職責上の呼称であり、会社法で定義された肩書きではありません。

会社法では、会社を経営するのは株主総会によって選ばれた取締役と決められており、そこに「代表権(対外的に契約を締結する権限)」が与えられていれば「代表取締役」となります。

したがって、代表権を与えられている会長は「代表取締役会長」となりますし、代表権を与えられていない会長は「取締役会長」となります。

欧米企業でのCEO

近年の日本企業では、会長や社長といった会社のトップが「CEO」を名乗ることもありますが、欧米の会社では社長がCEOを務めていないケースもしばしばあります。

欧米企業では、意思決定を行う「取締役」と、業務を執行する「執行役員」が明確に区別されており、執行役員の中に最高経営責任者「CEO」や、最高執行責任者「COO」、最高財務責任者「CFO」といった肩書きをつけた人がいます。

日本でいう社長にあたる人は、英語では「President」と呼ばれるのが一般的です。

話をまとめると、日本においては「社長」も「CEO」も法律で定義された肩書きではなく、役職の呼称のひとつであるという点が共通しています。

ただし、日本の会社組織と欧米の会社組織では、それに関する法律や経営の仕方なども異なるため、完全に同じように考えることは難しいといえるでしょう。