「マンガ・アニメ・ゲーム」系の職業・仕事

子どもから大人まで、たくさんの人を魅了するマンガ・アニメ・ゲームに関わるおもな職業を紹介します。

アニメ・マンガ系の職業に属する職業としては、声を使ってキャラクターを演じる「声優」や、アニメ作品の絵を描く「アニメーター」などがあります。

このほか、「イラストレーター」や「漫画家」も欠かすことができない存在です。

一方、ゲーム制作の場でも、さまざまな役割を持つ人が協力して働いています。

ゲーム制作に関わる人は広く「ゲームクリエイター」と呼ばれますが、その役割を細かく分けていくと、ゲームを企画する「ゲームプランナー」や、プログラミングをする「ゲームプログラマー」、開発現場の管理・監督に携わる「ゲームディレクター」などがいます。

■目次

▶ アニメ・マンガ系
▶ ゲーム系

アニメ・マンガ系

漫画家

雑誌、書籍、Webなどに掲載される漫画のストーリーを考えて絵を描き、作品に仕上げる。

詳しくみる

声優

アニメやゲームのキャラクターボイス、海外映画の吹き替えなど、「声」で役柄を演じる。

詳しくみる

イラストレーター

依頼を受け、雑誌、書籍、ポスターなどに利用されるイラストやキャラクターの絵を描く。

詳しくみる

アニメーター

絵コンテに従い、アニメーションの基となるキャラクターや背景の絵を細かく描く。

詳しくみる

ゲーム系

プロゲーマー

おもに国内外のゲーム大会に出場し、優勝・賞金獲得をして生計を立てる人のこと。

詳しくみる

ゲーム制作会社社員

人々の娯楽となるゲーム作品を製作する会社。ゲーム会社から依頼を受けての開発業務が主。

詳しくみる

ゲームプロデューサー

ゲーム制作の統括役。予算や人材の確保、スケジュール管理、品質チェックなどを担当する。

詳しくみる

ゲームプログラマー

ゲームの音やキャラクターが意図した通りに動くよう、開発言語を使ってプログラムを組む。

詳しくみる

ゲームプランナー

ゲーム作品のコンセプトや企画を立て、開発業務に必要な仕様書を作成する。

詳しくみる

職業カテゴリー