営業事務のやりがい・楽しさ・魅力

営業事務のやりがい・楽しさ

営業メンバーを裏で支える

営業事務は、さまざまな事務職の中でもとくにサポート力が求められます。

営業部署は企業の売上を作る部署であり、外回りが中心になるため、営業部署で発生する多くの仕事が営業事務のサポートなしには回りません。

他の部署の事務職に比べて忙しくなりがちですが、だからこそサポートのしがいもあり、営業部署や企業全体の業績を裏で支えているという実感を得られるでしょう。

顧客との接点がある

事務職の多くは、ひたすらオフィスでパソコンを前にデスクワークを行いますが、営業事務は顧客と接することも多い職種です。

たとえば、顧客からの電話への対応や担当者への引き継ぎなどを行い、必要とあれば自分で調べて問い合わせに回答します。

また、顧客と直接さまざまな書類や情報のやりとりを行うこともあります。

自分の対応ひとつで顧客の信頼を得られることも失うこともあるため、緊張感がありますが、仕事を通して会社や顧客に貢献していることを実感でき、営業事務の大きなやりがいとなっています。

チームワークで成果を出せる

営業は個人成績が優秀ならよい、というのは昔の話で、今は多くの会社でチームや部署としての成績を重視します。

そのため、チームで協力し、どのように成果を出すかという点が非常に重要になっています。

営業事務はそのチームの一員として、自分にできることを行うことはもちろん、周囲の潤滑油となってチームワークを支えます。

みんなで売上目標を達成した時は、職種に関係なく部署内のメンバーと一緒に喜ぶことができるのも、営業事務の大きなやりがいと言えるでしょう。

営業部署の人は、営業事務の働きなしには仕事が回らないことをよくわかっているため、たくさんの感謝の言葉ももらえます。

営業事務の仕事内容・社内の役割とミッション

営業事務の魅力

人間力が武器になる

営業事務の仕事は臨機応変さが求められ、人によって頼んでくる内容も異なります。

また、仕事の受け方もさまざまで、忙しさのあまりマナーのない頼み方をされる場合もあれば、丁寧にお願いされる場合もあります。

仕事の依頼をいつも遠慮し、非効率になっている人には営業事務から提案する場合もあります。

急ぎの仕事の最中やタスクが多い中で仕事を依頼されることも多く、時にはイラッとすることもあるでしょう。

どんな相手や依頼内容だとしても、相手の希望を理解し、気持ちのよい態度で仕事に応じるためには高い人間力が求められます。

営業事務がどのような対応をするかで、営業部署の士気や働きやすさは変わり、成績にも影響します。

だからこそ、人間力の高さは営業事務にとって大きな武器になります。

仕事のスキルだけでなく、自分を磨くことで同僚や業績に影響を与えられるのは営業事務の大きな魅力です。

多様なスキルが身につく

営業事務の仕事は、営業のバックオフィスで生じる多くの仕事をサポートすることです。

単純なデータ入力作業や書類の印刷・送付、ファイリングなどの仕事だけでなく、データベースソフトやスケジュールソフトを利用したり、メールマガジン配信サービスを使って顧客にいっせいにダイレクトメールを送ったりと、会社によって仕事内容はさまざまです。

最近は企業のブログやSNSの文章を書く場合もあるなど、その仕事領域はどんどん広がっています。

求められる仕事に対応していくうちに、多様なスキルが身につくのも営業事務の魅力です。

変化に富む毎日を送ることができる

事務職は一般的に「同じ仕事の繰り返し」といった側面がありますが、営業事務はかなり変化に富んだ事務職です。

仕事の内容や顧客は一定ではなく、臨機応変な対応が求められます。

また、多くの業務が同時に舞い込んでくることもあり、優先順位をつけながら段取りよく仕事を進めなければならないことも多いでしょう。

いまの営業はさまざまなツールを使い、他部署との協業によってさまざまな営業企画を行っていくため、サポートする営業事務も多くのツールを使い他部署とのやりとりも増えます。

基本的にはパソコンの前でデスクワークに励むことになりますが、その中身はめまぐるしく変わるため、ビジネスの最前線にいることを実感できるでしょう。