カスタマーサポートのやりがい、魅力

お客さまの意見が一番に聞ける

カスタマーサポートにとってのやりがいのひとつは、企業の顔となって、お客さまの声を一番に聞ける仕事だということです。

社内では、商品やサービスを企画して作る人、売り方を考える人、実際に売る人など、さまざまな立場の人が活躍していますが、実際に商品やサービスを使った人の意見や感想を最もたくさん聞けるのが、カスタマーサポートだといえるでしょう。

また、企業にとっては、お客さまからの生の声というのは、業務内容やサービス・商品を改善させるための材料となります。

ただお客さま対応をするだけでなく、拾い上げた情報を会社にフィードバックすることで、会社に貢献することもできるのが、この仕事の魅力であるといえるでしょう。

お客さまの数だけ答えがある

カスタマーサポートの仕事をするうえでは、商品・サービスの知識を備えておくことが不可欠です。

また、たいていの職場ではマニュアルが用意されており、よくある問い合わせ事例や、適切な答え方などもしっかりと学んでからお客さまと接します。

しかし、実際にお客さまとやりとりしてみると、相手の話し方や言いたいことは千差万別であることに気付くでしょう。

だからこそ、たとえ似たような問い合わせ内容であっても、「どのように答えれば、相手にわかってもらえるか?」ということをつねに考えていかなくてはなりません。

お客さまの性格などに合わせて自分なりに対応策を考えていき、それがうまくいったときにはやりがいを実感できます。

感謝や励ましの言葉をかけてもらえたとき

カスタマーサポートというと、ひたすらクレームを受け続けて謝る仕事というイメージを持たれることもあるようですが、うれしい言葉をかけてもらえることもあります。

お客さまに対して誠実に答えていくことで、「あなたのおかげで助かった」「丁寧に対応してくれてありがとう」といった声をもらえたときは、ものすごくうれしい気持ちになるはずです。

顔の見えないやりとりのなかでも、相手の信頼を得られたと実感できた瞬間には、やりがいと達成感を感じることができるでしょう。