雇われ社長とは

サラリーマンとして働く社長

「社長」と呼ばれる立場の人は、大きく分けると「雇われ社長」と「オーナー社長」の2種類の人がいます。

雇われ社長とは、会社の株式を過半数所有する「オーナー」という立場の人から給料をもらって働く社長のことをいいます。

この場合の社長は、社長の立場ではあるものの、従業員と同じようなサラリーマンです。

雇われ社長に対して、自ら会社の経営責任者として動く社長を「オーナー社長」といいます。

オーナー社長になるのは、たいてい会社の創業者もしくはその親族となっています。

オーナー社長との違いは?

雇われ社長は、社長とはいっても会社の持ち主ではなく、あくまでも雇われて働くことになります。

もちろん、一般社員よりもずっと多額の収入は得られますが、「それでも給料をもらって働く」というスタイルは、他の会社員とほとんど変わりません。

一方、オーナー社長は会社の持ち主であり、さらに自らが会社に投資して経営も行う立場です。

中小企業では、オーナー社長も多く存在していますし、オーナー社長が創業者というケースも珍しくありません。

雇われ社長の魅力と苦労

雇われ社長になると、「社長という肩書きがもらえる」「収入アップする」「さまざまな経験が積める」といった魅力をたくさん感じるようになるでしょう。

オーナーから信頼されるようになれば、使える経費の幅も広がり、いち従業員とは違うスタイルで仕事ができるはずです。

しかし、もちろん社長である以上、企業経営に対する責任は重くのしかかってきます。

場合によっては、売上に対する責任もとらなくてはならないことがありますし、労働基準法は適用されないため、かなり長時間勤務をしている雇われ社長もいるようです。

日々、大きなプレッシャーを抱えながら生活することになるかもしれません。

また、雇われ社長の間に会社の業績が悪化したり、オーナーとの信頼関係が崩れてしまったりすると、予期せぬタイミングで解雇されてしまうこともあります。