スーパーバイザーになるには

まずは現場での仕事を経験するのが基本

スーパーバイザーになるにあたって、必ず求められる資格などはありません。

特別な学校を出ていなければなれないわけでもなく、さまざまな道をたどってこの仕事に就いている人がいますが、現場で販売などの仕事を経験したのち、スーパーバイザーになるのが一般的です。

以下は、各フィールドにおいてスーパーバイザーになる一般的なルートです。

小売店や飲食店

これらの場所で働くスーパーバイザーは、店舗運営の幅広いスキルや知識を兼ね備えておく必要があるため、未経験者が最初からスーパーバイザーとして活躍できることはほとんどありません。

まずは現場のスタッフとして接客・販売に携わり、そこから副店長や店長を目指す必要があります。

なお、スーパーバイザーは店舗勤務ではなく、本社に所属して働くことになります。

スタッフとして経験を積むと、本人の適性や意欲次第で店舗勤務から本社へと異動となり、スーパーバイザーになる道が開けてきます。

コールセンター

コールセンターのスーパーバイザーは、コールセンターのオペレーターとして経験を積んだ人がなるのが一般的です。

オペレーターは派遣やアルバイトで働く人も多くいますが、スーパーバイザーは基本的に正社員が就く職種となっています。

転職の求人も比較的よく見られますが、コールセンターでのスーパーバイザー経験がある人を対象とするものがほとんどです。

求められるスキルは?

スーパーバイザーに求められるスキルはさまざまありますが、そのひとつが「マーケティングスキル」や「マネジメントスキル」です。

現場周辺の情報収集や分析を行い、どうすればより売上が上がるのかを考え、店舗に提案する必要があります。

現場と本部の調整役になることもあるため、お互いの思いをくみ取って上手に立ち回ることも大切です。

また、現場で働く人を育てるための「コーチング力」のようなものも必要になります。

ただ強制的に何かをやらせるのではなく、相手の能力を見極めて、上手に背中を押していくようなやり方が大切です。

そして、自分を信じてもらい、人を巻き込んでいくことのできる「リーダーシップ」や「情熱」も必要だといえるでしょう。