内部監査の給料・年収

平均年収

内部監査の給料は、人によって異なりますが、平均年収は500万円~600万円程度といわれています。

難易度の高い仕事であり、また営業職などと比べて内部監査に従事する人の数はさほど多くないことから、他職種に比べるとやや高めの収入が期待できるといえそうです。

ただし、給料はどのような企業で働くかによっても変わってきますし、個人の年齢や経験などによっても異なるといえるでしょう。

内部監査部門を置く企業は大手が多いため、全体的に給与相場が高めだったり、ボーナスの支給があったりすることも、平均年収を上げている要因のひとつになっているといえるかもしれません。

ベテランや経験者は高い給料を得る人も

内部監査は専門性の高い職種であり、豊富な知識が求められることから、ある程度の実務経験を持つ人は高めの収入を得ているケースも珍しくないようです。

人によっては年収1000万円以上を安定的に得ており、頑張り次第で高収入が目指せる職種だといえるでしょう。

事業会社での監査業務のみならず、監査法人での監査業務経験者も優遇されやすくなっているようです。

内部監査の仕事は経営とも密接に結びついているため、企業によっては、内部監査部門からそのまま経営幹部へと昇格していく人もおり、さらなるキャリアアップも期待できます。

資格を取得して収入アップ

内部監査の仕事をするうえで、特定の資格を持っていると手当やインセンティブがついたり、転職の際により良い条件で採用されることもあるようです。

評価されやすい資格として、国家資格である「公認会計士」をはじめ、代表的な監査資格である「公認内部監査人(CIA)」「内部監査士」が挙げられます。

いずれも取得は簡単ではありませんが、内部監査としてスキルアップを目指すのならば、ぜひ取っておきたい資格です。

また、会社によっては語学力も求められるため、TOEICの高いスコアを持っていることでプラスに評価されることがあります。