生産技術の仕事、業務内容

生産ラインの設計・管理に携わる

生産技術」とは職種のひとつであり、おもに製造業において製品や部品を効率的に量産するための生産体制を築く仕事です。

具体的な仕事内容としては、以下のようなものが挙げられます。

・生産設備の監視
・作業工程の課題の検出
・生産ラインの設計、稼働テスト
・生産ラインの改良
・新規設備の導入、既存設備の改良
・生産技術の開発

生産技術は、「生産ライン」と呼ばれる、材料から製品が完成するまでの一連の流れの設計や管理を担当します。

製造工場で、製品が品質を保ちながらも効率的に生産されるよう、生産ラインのしくみを整えたり、課題発見や改善のための管理を行っていきます。

生産現場の声を拾い上げ、改善につなげる

モノづくりを行う製造業において、日々、生産現場を整えていくことは重要かつ不可欠な要素といえます。

効率的な生産が実現できれば、企業にとってはコスト削減につながり、より多くの利益を生み出すことができます。

生産技術は、「生産工程を現状よりももっとよくする」という視点を持ち、つねに改善点・改良点を見つけていくことが大切になります。

もちろん、安全に、欠陥のない質の高い製品を生み出すことは最重要です。

生産技術は、基本的に工場での勤務となりますが、ときに生産に携わる現場社員の声を集めて本社に届け、現場と本社の橋渡し役となりながら、より良い生産方法を考えていくきっかけづくりも行います。

どのように製品を作るかを考える

ひとくちに製造業といっても、産業や業態によって、生産技術の仕事範囲や役割は少々変わってきます。

しかし、「製品をどのように作るか」ということを考える生産技術のは、どのような製品を作るうえでも必要とされている職種であるという点は共通しています。

生産技術は、設計に関する知識と、製造コストや調達といった経営的な考え方の両方を求められる仕事であり、生産ラインをマネジメントする重要な役目を担っているといえます。